鬼滅の刃 86話ネタバレまとめ「妓夫太郎」 | 漫画王|人気マンガのランキング・考察・感想レビュー・まとめ

人気マンガ・おすすめマンガの伏線考察・ランキング!ユーザー登録型のキュレーションサイトです!2chまとめ5chまとめ「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

漫画王|人気マンガのランキング・考察・感想レビュー・まとめ

新規会員登録はこちら

週刊少年ジャンプ 鬼滅の刃

鬼滅の刃 86話ネタバレまとめ「妓夫太郎」

投稿日:2017年11月13日 更新日:

鬼滅の刃 ネタバレ 86話 最新情報 87話確定予測まとめ

コメントはこちら

 

【前回】鬼滅の刃 85話ネタバレまとめ

鬼滅の刃 86話ネタバレまとめ
鬼滅の刃 最新87話情報まとめ

(作者:吾峠 呼世晴先生 鬼滅の刃 86話から引用)

鬼滅の刃 86話についてコメント

扉絵の異形感とか最後のページの兄妹の絡みがすごいゾクッと来た


肩車堕姫が可愛すぎる


鬼いちゃんと善逸は仲良くなれるのでは??


ラストの妓夫太郎と堕姫の一枚絵、すげぇわ。

ゾクゾクするわ。


いいよな
決め絵がたまらん
でも鬼ぃちゃんのボリボリが多すぎて不潔臭そうで生理的にキッツイ


竈門兄妹と宇髄さんが上陸兄妹と共通項(兄妹である、身内の女を遊郭で働かせてるetc)を持ってたり、 対比(兄の背中から妹・妹の背中から兄、宇髄さんと妓夫太郎の容姿etc)になってるのは想定内だったけど、
伊之助と妓夫太郎の間にも「適当に名前を付けられた・両親がきちんと考えて名前を付けた」
って明確な対比項目が出て来たのは意外。

で、善逸の本格的な活躍はいつになるのかな……


善逸ともコンプレックスの固まりは同じだけど
人を守る方と殺める方に分かれてて対になってると思った


祭りの神クソカッケェ!!


善逸寝てるのか?で一笑いしド派手にな!でダメ押し
さすがだな


伊之助!!善逸!!この二人が出ると心がなごむなあ
妓夫太郎が身体ボリボリ掻きまくってるのは
人間時代の病気とかが原因だったりするんだろうか
掻いたそばから治っちゃいるけど恐いがな


妹の「わたし頑張ってるもん」に対してコクコク頷いて肯定してやる兄って良いな
兄妹揃って非道を重ねている鬼なんだけどさ


頼りがいがあって愛されてる天元さんに爆裂に嫉妬してたから
元々そういう存在がいなくて自分を頼り愛してくれる弱い存在として堕姫を作ったのかなと思った


善逸や伊之助じゃとても相手にならんだろうし、宇随さん死んだな。
柱死にまくりだな。


目の文字の位置はお兄ちゃんも同じか
やっぱお兄ちゃんが本体ってわけではないのかな


すでに来週が気になりすぎて辛い
ほかの音の呼吸の技も見たい
術式展開ってアカザくん固有なのかな


何か天元爆発しろ。が実際に行われてしまいそうな爆薬装備万端
鎌が飛んでるのは最初の斬撃は鎌を投げてたってことでいいのかな


先週感じた禍々しさはどこへやら、お鬼ぃちゃん面白いしカッコいい
肩車で仲良しこよしなんかされたらほのぼのしちゃうんだがw
二人でひとつって言ってるからコレが最終形態で間違いなさそうね
近接を堕姫ちゃん、遠距離を妓夫太郎兄ちゃんが担当かな、良いコンビやん普通に強そう
どうすれば倒せるのかっていう謎も健在だし次週へのワクドキが止まらねえわ


ホーミング系の技は自分に誘導されて自爆するってお約束があるからな
しかしこれだけ頭が足りないのによく花魁になれたな、妹。芸事も必須のはずだが


楽器ぐらいならともかく囲碁将棋双六に香合をこなす堕姫ちゃんは想像できんなw
それもひっくるめてすごい頑張ってたのかもしれんけど
しかし週をまたいで「足りない頭」とダメ押しする鬼いちゃんひっでえwww


鬼いちゃんもそこそこ頭足りなそう


伊之助はともかく女装ままの善逸は今回も避難役か背景だろうなぁ…


どちらかといえば堕姫は盾なのかな
なんにせよ天元さんひとりじゃこれ無理だな


鬼いちゃんは妓夫太郎という人間だったけど、堕姫は何だったのか
G太郎の実の妹だったのか、それとも遊郭で出会って、兄妹っぽくなっただけの赤の他人か


轟の爆発は普通に火薬で起こしてたっぽいな
牛太郎は嫉妬してるけどあんな可愛い妹を溺愛できるお前が俺は妬ましいわ


さすが嫁3人いる人は違うわ
格好いい
ただ爆破の種は地味ね

 

鬼滅の刃 87話ネタバレまとめはこちら

Twitterの反応

鬼滅の刃 86話 予想屋

「みんなの感想、予想をどんどん下のコメント欄に書き込んでくれ!」↓↓

コメントはこちら

-週刊少年ジャンプ, 鬼滅の刃
-, ,

Copyright© 漫画王|人気マンガのランキング・考察・感想レビュー・まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.