食戟のソーマ 249話ネタバレ画バレ「君の横顔」&250話最新情報まとめ | 漫画王|人気マンガのランキング・考察・感想レビュー・まとめ

人気マンガ・おすすめマンガの伏線考察・ランキング!ユーザー登録型のキュレーションサイトです!2chまとめ5chまとめ「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

漫画王|人気マンガのランキング・考察・感想レビュー・まとめ

新規会員登録はこちら

週刊少年ジャンプ 食戟のソーマ

食戟のソーマ 249話ネタバレ画バレ「君の横顔」&250話最新情報まとめ

投稿日:

食戟のソーマ ネタバレ 249話 最新情報 250話確定予測まとめ

コメントはこちら

食戟のソーマ ランキングまとめ一覧

食戟のソーマ 考察まとめ一覧

食戟のソーマ ネタバレまとめ一覧

食戟のソーマ 249話ネタバレまとめ
食戟のソーマ 最新250話情報まとめ

前回は

前回のラストは、

寧々に君は自分が積み上げた時間を
もっと褒めてあげるべきだ

君がいなければ僕は料理を続けていたか
どうかもわからないんだからという一色

(作者:附田祐斗先生 食戟のソーマ 248話から引用)

一色の言葉・・・。
そこに籠められたのは・・・!?

【前回】食戟のソーマ 248話ネタバレまとめはこちら

食戟のソーマ 249話 確定ネタバレあらすじ

ただでさえ繊細な椀物に野ウサギと昆布で仕上げるのは至難の技なのに
蛤の出汁まで会わせていた一色

椀物を構成する要素は「吸い地」「吸い口」「椀種」「椀妻」の4
ジビエと蛤の出汁を7:3で合わせる事吸い地に貝の塩味、まろ味が加わり

普通の一番出汁とは一味違う美味しいさに
吸い口の柚子も風味をきりっと引き締める

香り味へと繋がる意表を突く展開に和の領域へと
我々を誘う妖艶なるまるで妖艶なる演舞のよう

次は具である「椀種」「椀妻」の審査だが
「椀種」は見た目は小さな餅のように見える

一方私がいなかったら料理を続けてたか
わからないという一色の言葉が疑問な寧々

そうやって訳のわからないことを言ってからかってるんだろうと言うが、
確かになんでも出来てしまい寧々の心を傷つけた部分は
あったかもしれないが本当に恩人なのだという

一色家は室町時代から続く割烹料理の名店で
そこの長男として一色は生まれた

物心ついた時には料理修行は始まっていて
教わったことは全てさらりとこなせた

端から見ればこれ以上ないほど優秀な後継者に映ったろうが
一族の者達からは出来ないということがそもそも許されない

出来て当然たったひとつ覚えた程度で一々はしゃぐな

基礎技術の次元で喜んでいたら長子としての気位は育たない

一人前になって貰わなくちゃ困るのはお家などと言われ
達成感はなく一族の誰かから賞賛される事もない

来る日も来る日も無味乾燥な気持ちで修行をこなす

そして料理というものがなんのためにあるのかわからなくなった

一方「椀種」の実食に入る審査員

「椀種」に何かつめてることに気付きあけてみると清らかなお澄ましが濁っていく
このまよらかな匂いは味噌で澄まし汁が一瞬で味噌汁に化けてしまう

その餅の中身は野ウサギ肉のミンチと長ネギそれらを白味噌でじっくりと焚き上げた

餅粉と小麦粉を合わせて作った生地に具を詰めて数分茹でて椀種にし
ひとすすり目は澄まし汁の透明感をしっかり味わってから

その後に野ウサギと味噌のじんわりひろがる風味も楽しめるように
査員は具を味わってからもう一度汁をすすってみると

ウサギ肉のコクとピュアんば汁を白味噌が結びつけ完璧に一つに解け合わせている

日本には演芸等の構成に関する独特な言い回し「序・破・急」があるが

この品もたった一椀に美味しさのテンポが段階的に構築さながら椀の日本舞踊

一色は料理なんの喜びを感じえなかった時に寧々と出会い

自分と比べ器用じゃなかったが楽しさとと喜びをもって
一歩一歩技術を積み重ねる横顔は綺麗だった

そんな横我をを見て初めて料理を楽しいかもしれないと思えるようになった

そして寮のことも思い出し誰かを味で楽しませる為に技術を磨く喜び

それを最初に教えてくれた料理人の名は紀ノ国寧々

(作者:附田祐斗先生 食戟のソーマ 249話から引用)

一色は寧々を尊敬してるといいだから僕が綺麗だと思った
横顔のあの頃の気持ちを思い出してほしいという

一色の超攻撃的和食で司の鎧にヒビが入る一方、司は・・・

 

食戟のソーマ 250話ネタバレまとめはこちら

食戟のソーマ 250話 予想屋

「みんなの感想、予想をどんどん下のコメント欄に書き込んでくれ!」↓↓

コメントはこちら

食戟のソーマ ネタバレまとめ一覧

食戟のソーマ ランキングまとめ一覧

食戟のソーマ 考察まとめ一覧

-週刊少年ジャンプ, 食戟のソーマ
-, ,

Copyright© 漫画王|人気マンガのランキング・考察・感想レビュー・まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.