ブラッククローバー 新たに判明した魔法騎士団の紹介と特徴まとめ2017年最新版!! | 漫画王|人気マンガのランキング・考察・感想レビュー・まとめ

人気マンガ・おすすめマンガの伏線考察・ランキング!ユーザー登録型のキュレーションサイトです!2chまとめ5chまとめ「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

漫画王|人気マンガのランキング・考察・感想レビュー・まとめ

新規会員登録はこちら

週刊少年ジャンプ ブラッククローバー

ブラッククローバー 新たに判明した魔法騎士団の紹介と特徴まとめ2017年最新版!!

投稿日:2017年2月8日 更新日:

~ブラッククローバー 魔法騎士団メンバー紹介&特徴一覧まとめ~

ブラッククローバー強さランキングはこちら

現在少年ジャンプで連載中の『ブラッククローバー』ですが、シンプルの中にしっかりとしたストーリー構成とバトル描写がある根強い人気を誇るファンタジー漫画。

そんなブラッククローバーには魔法帝をトップに9つの魔法騎士団が存在します。
それぞれの特徴と団長についてまとめてみました。

 

金色の夜明け団

ウィリアム・ヴァンジャンス

引用:NEVER

9つある魔法騎士団の中で最強とされている。
主人公・アスタの幼なじみでありライバルのユノは金色の夜明け団に属してる。

その金色の夜明けの団長が『ウィリアム・ヴァンジャンス』で次の魔法帝候補の最有力。
魔法帝に一番近い男といわれている。
したがって、9人の魔法騎士団長の中では一番の実力者と言われています。

ただ、ヴァンジャンスは顔出しをしておらず、属性魔法も明確にはされていませんが、「魔樹降臨」といった魔法を見ると属性は『樹』ではないかと推測することが出来ます。

少なくともヴァンジャンスは魔法帝ユリウスのような光魔法を使っている描写がないため使用できないと思われます。
当然部下も優秀な人間が多いんですが、アスタと衝突することもありました。(後に仲良くなります)

 

黒の暴牛団

ヤミ・スケヒロ

引用:NEVER

「黒の暴牛(くろのぼうぎゅう)」団はならず者騎士団とも呼ばれ、成果や武功よりも何故か被害額の方が上回る破壊集団。
実力的には金色の夜明けに勝るとも劣らないほどで、主人公であるアスタとヒロインのノエルはこの黒の暴牛に所属してる。
少し落ちこぼれのキャラが多くメンバーにいます。

その黒の暴牛を率いている団長がヤミ・スケヒロで『破壊神』の異名を持つ。
その名の通り、闇魔法を主に得意とする魔法騎士。

ヤミ・スケヒロは漁師である父親のもとに生まれ、幼い頃から一緒に漁をしていたものの船が難破して、とある国に遭難してしまう。そこで人種差別や迫害を受けるものの、そこから這い上がって頂点に君臨する実力者である。

 

銀翼の大鷲団

ノゼル・シルヴァ

引用:NEVER

「銀翼の大鷲(ぎんよくのおおわし)」団は、主にシルヴァ家だけで構成されている魔法騎士団。
現在で言うところの親族経営や同族経営みたいなものである。

故に、銀翼の大鷲の団長はシルヴァ家の長男・ノゼル。
部下にはネブラ、ソリド、ヒロインのノエルがいます。

ノゼル・シルヴァはその実力があるからかかなりプライドが高い。ヤミ・スケヒロからは「プライドの塊」と揶揄(やゆ)されるほどで、それ以外にも髪型についても頻繁にからかわれる。

ノゼルは独善的な態度や振る舞いが目立ち、周囲と衝突する事があるが、いざという時は「九つの騎士団はクローバー王国の平和のためにある」と、他の騎士団と共に手を取り合い戦うなどしっかりした考えを持っていて、どこかの政党のような顛末は迎えません。
いろいろと主張するものの一線を超えることはせず、あくまで最後は自分よりも「国を守る」という忠義を貫ける誰よりもできた人間で、むしろ国を守るという想いが強いからこそ独善的に見える行動を取ってしまうだけである。

 

紅蓮の獅子王団

フエゴレン・ヴァーミリオン

引用:NEVER

「紅蓮の獅子王(ぐれんのししおう)」団。
主人公・アスタとはライバル関係にあり、フエゴレンの額には印が付いていて、これはヴァーミリオン家に伝わる、自分自身に打ち勝ち、王となる覚悟ができたのみが付けることを許されるもの。弟はレオポルド・ヴァーミリオン。「悪に容赦など必要ありません」と豪語している。

炎創成魔法を得意とし、その魔法と見た目以上に中身は熱いく、ちょこちょこ名言を残します。

実は全キャラクター中で多分一番いいやつで、事あるごとに戦場において他の騎士団に対しても的確なアドバイスをしている。
将来魔法帝になると意気込んでいる下っ端のアスタに対しても「この私ともライバルだな」と肩を並べた発言をし決して小馬鹿にすることはない

ただラデスの空間魔法でどこかへ飛ばされ、謎の敵に倒されて瀕死状態へ。この時に前述のノゼル・シルヴァは怒りに震え復讐を誓ったことから、フエゴレンとノゼルは良き仲間・ライバルであることが推察される。

[ad#size1]

翠緑の蟷螂団

ジャック・ザ・リッパー

引用:NEVER

「翠緑の蟷螂(すいりょくのとうろう)」団。
蟷螂(とうろう)とはそのまま「カマキリ」のこと。

ジャック・ザ・リッパーは裂断魔法の使い手で、地面を真っ二つにすることができる。
それを象徴するように万物を裂くと豪語していて、相当なドSの破壊フェチである。
ヤミとの戦いで山を削ったという逸話もあるなど、その実力、破壊力は折り紙つき。

「カマキリの団とは虫ケラごときが」とバカにされたときは「カカ!虫ケラ舐めんじゃねぇ!!」とカマキリということに関しては誇りを持っている様子。

 

碧の野薔薇団

シャーロット・ローズレイ

引用:NEVER

荊(いばら)創成魔法を主に得意とし口癖は「私に触れることは誰も許さん」「戦場が我が伴侶」。

いかにも男嫌いといった感じがしますが実際には黒の暴牛・ヤミ団長が大好き。
いつもツンケンした態度を取ってしまうが「どうしてこんな悪態をとってしまったのか・・・」と終始後悔してしまう乙女な心を持っています。そもそも何故ヤミを好きになったのかすら後悔してる始末。

ヤミからは「戦場が我が伴侶って哀しすぎんだろ」とツッコミを入れられるが、それでもシャーロットは反論できないでいるのは、やはり乙女心が邪魔をするからであると言えるでしょう。

 

紫苑の鯱団

ゲルドル ボイゾット

引用:NEVER

「紫苑の鯱(しおんのしゃち)」団。
「透過創成魔法」を駆使。透明の騎士を大量に作って攻撃してきたり、自身を透明化させることが可能。

このボイゾットは、見た目に特徴があり、笑い方も「ンフフフ」と変な笑い方である。
ヤミからは、その太めの身体を「ボンレスハム」と例えられている。
ゲルドルは魔法騎士団としてだけではなく、豪商として成り上がった金持ちで見た目通りの歪んだ性格。

クローバー王国を裏切って、白夜の魔眼と繋がっており、また障壁魔道士を誘拐するなど、ほぼテロに直接的に関与していた。
他にも希少価値が高い国宝級の魔道具の横流ししたり、他国から危険な魔法薬の密輸などにも関与し、もはや騎士団長としての品位のかけらもなくなったため、他の魔法騎士団たちからフルボッコにされる。

 

珊瑚の孔雀

ドロシー アンズワース

引用:NEVER

「珊瑚の孔雀(さんごのくじゃく)」団。
基本的に常に眠っているため、ほぼ戦闘や会話に参加することは少ない。
実はイビキで会話することが可能らしいが真意は謎・・・

このドロシーはどういった魔法を駆使するかは現段階では不明ですが、本作品において間違いなく重要なキャラクターであることは間違いなさそう。

 

水色の幻鹿

リル ボワモルティエ

引用:NEVER

「水色の幻鹿(みずいろのげんろく)」団。
最年少の19歳で魔法騎士団の団長に上り詰めたため、他の騎士団長から若干ナメられている節もある。

リルの魔法は「絵画魔法」ですが、どういった魔法なのか詳細は不明。
恐らく「絵の中に閉じ込める」系。

本人は基本的に空気が読めない性格で、フエゴレンの真似をして場を和まそうとするものの、全く逆効果になるなど。
フエゴレンは当然瀕死の状態なので、親友と思しきノゼル・シルヴァはガチギレ気味。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
この団長の中から新たに魔法帝となる人物は誰なのか、はたまた別の人物になるのか、今後どのような展開になるのでしょうか!
全く先の状況が読めなくなってきましたが、そこが楽しみでおもしろい漫画となっています。

是非ご一読を!!

以上、ブラッククローバー 新たに判明した魔法騎士団の紹介と特徴一覧まとめでした♪

[ad#mo_2]

ブラッククローバー強さランキングはこちら

-週刊少年ジャンプ, ブラッククローバー
-, ,

Copyright© 漫画王|人気マンガのランキング・考察・感想レビュー・まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.