ドメスティックな彼女 211話ネタバレ画バレ&212話最新情報まとめ | 漫画王|人気マンガのランキング・考察・感想レビュー・まとめ

人気マンガ・おすすめマンガの伏線考察・ランキング!ユーザー登録型のキュレーションサイトです!2chまとめ5chまとめ「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

漫画王|人気マンガのランキング・考察・感想レビュー・まとめ

新規会員登録はこちら

週刊少年マガジン ドメスティックな彼女

ドメスティックな彼女 211話ネタバレ画バレ&212話最新情報まとめ

投稿日:

ドメスティックな彼女ネタバレ 211話あらすじ 最新情報 212話確定ネタバレ予測まとめ

コメントはこちら

ドメスティックな彼女 ネタバレ一覧はこちら

・ドメスティックな彼女 211話ネタバレまとめ
・ドメスティックな彼女 最新212話情報まとめ

確定ネタバレあらすじ追記更新しました!

前回

前回のラスト、

やっぱり華先輩には明かすべきなんじゃないかな・・・
そう考えながら夏生は桃源先生の家を訪れた。

やっぱり鍵がかかっていない。
声をかけて上がると・・

桃源先生が倒れている。

また寝ているのかと思って揺り起こそうとする夏生。

しかし今回はちょっと様子が違う!
慌てる夏生

先生!先生!?


(作者:流石景先生ドメスティックな彼女 210話から引用)

やっぱり娘でしたね。
前回の話は先生が中心でしたが、容態が気になりますね。

倒れてますが、これをきっかけに夏生がバラしちゃいそうですね。。

・ドメスティックな彼女 210話ネタバレまとめはこちら

ドメスティックな彼女 211話 確定ネタバレあらすじ

華が小学生の頃。

華は本が好きで友達の家に借りに行く。
友達は期限なしで貸してくれると言うが、
華は友達の家で読ませてほしいという。

家で本を読んでいると母親の機嫌が悪くなるから。

しばらくすると友達の父親が仕事から帰って来た。
お土産のケーキを開けて楽しそうに話す父娘。
華はその光景を寂しそうな目で見るのだった・・・

桃源先生が救急車で運ばれる。

救急車の中で目を覚まし、大丈夫だから帰ると言い出す桃源先生。
しかし帰す訳にはいかない。

付き添いで同乗している夏生が説得して病院まで行く。
病院に到着して、検査をしてもらう。

検査が終わり、医師が家族に話があるという。

家族はいないので夏生が話を聞く。すると・・
先生にはがんの疑いがあるという。

レントゲンで肺にはっきりとした影が確認できたと話す医師。
詳しい検査結果を見ないと断定はできないが、疑いはかなり濃厚とのこと。

今回倒れて、発見につながったのは幸いでした。
できればこのまま精密検査をして早めに手術をした方がいいでしょう。

夏生が検査結果を先生に話す。
結果は先生も聞いていた。

夏生が入院の準備を進めようとすると・・・


(作者:流石景先生ドメスティックな彼女 211話から引用)

先生は 手術はしない という。これも運命。

と命が惜しくないようなことを言う。

夏生は
やっと・・娘に会えたのにですか・・?

関係ねえさ。
もう会う事もねえだろうし、
今更父親面する気もねえよ。

先生は息子の草亮のことがあってから、
贖罪のために生きてきたという。

多分これは自分への罰であり、救い。
全てを受け入れると話す。

夏生は悲しい顔をして先生を見る。

華が賞を取った作品のタイトルは家族相関図
文藝夏冬の受賞者発表のページにちゃんと載っている。

華は、作家を目指すつもりだが、母親には内緒。
兼業で細々と続けるしかない。

夏生からこれから会えないかというメッセージが来た。
一緒にいた女友達にデートのお誘い?

と聞かれて頬を赤らめて否定する。
華も夏生を意識し始めている・・・

夏生と華は喫茶店で話す。

夏生が桃源先生は華の父親だと話すと・・
華は信じられないと言った表情。

このことを話すかどうか迷ったという夏生。
多分桃源先生は華先輩がこれを知ることを望んでいないと思いますし

人様の親子関係に首つっ込むべきじゃないのもわかってます。
でもどうしてもこのままじゃいけない理由があって。

夏生は華に、娘として先生に会ってもらえないかと聞く。

華は急な事で頭が追いつかないと言う。
それに、母親から聞いていた父親像と違い過ぎて戸惑っているとも。

母親からは
家族を顧みない酷い人で、
あの人のせいであなたのお兄ちゃんは死んだと聞かされてきた。

そうとういい加減な人だろうと思っていたが、
小説家の先生だとは思わなかった。

母親のこともあるので、
会うかどうかの返事は今は出来ないと話す。

華はその日、
湯船につかりながら子供の頃に父親について書いた作文を思い出した。

休みの日には色んな所に遊びに連れて行ってくれて、
お仕事の帰りにはケーキを買って来てくれて、

晩御飯の後には一緒にご本も読んでくれる、
そんなお父さん。

もしお父さんがいたらこういうお父さんがいい・・

華は小さい頃から本が好きで図書館で沢山借りてきては母親に怒られていた。

まったく。やっぱり血なのかしら。

決まって母親は最後にそういった。


(作者:流石景先生ドメスティックな彼女 211話から引用)

風呂から上がり、桃源先生の本を読み返す。

そして翌朝

夏生にやっぱり会ってみるというメッセージを送った。

華は夏生と先生が入院している病院へ向かう。

二十歳すぎだから母親にはいっていないという。

歩きながら華は昨夜読み返した先生の本のことを話す。

先生の作品は、光の当たらない人や立場の弱い人、
声を上げられない人に焦点を当てた作品が多い。

優しく肩を抱くような・・・

それって、先生も苦しんできたからなのかなぁって。

夏生「それ聞いたら先生喜ぶと思います。
もしかしたらぶっきらぼうな態度かもしれませんけど・・
子供が会いに来てくれて嬉しくないワケないと思いますから。」

不安げだった華の表情が明るくなった

夏生が病院の前で立ち止まり

ここです
と言うと、華は驚く。

夏生は先生が入院中だと話していなかったのだ。

先生の病室の前まで行くと、
職員たちが慌ただしくしている。

夏生が何かあったのかと聞くと・・
なんと、先生が姿を消してしまったとのこと。

驚く夏生。

・ドメスティックな彼女 212話ネタバレまとめはこちら

ドメスティックな彼女 212話 予想・噂・最新情報

「みんなの感想、予想をどんどん下のコメント欄に書き込んでくれ!」↓↓

コメントはこちら

ドメスティックな彼女 ネタバレ一覧はこちら

-週刊少年マガジン, ドメスティックな彼女
-,

Copyright© 漫画王|人気マンガのランキング・考察・感想レビュー・まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.