漫画ネタバレ画バレ│漫画王

ワンピース・東京グール・進撃の巨人・ハンターハンター・バキ道など人気マンガ・おすすめマンガの確定ネタバレ・伏線考察・ランキング・画バレ・感想・展開予想・議論・名言など!最新情報随時更新中!「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

mangaou

ジャイアントキリング 410話ネタバレ&411話最新情報

   

ジャイアントキリング 410話ネタバレ411話最新 ジャイアントキリング 410話画バレ411話画バレ確定最新話

・ジャイアントキリング410話確定ネタバレ画バレ
・ジャイアントキリング411話最新情報まとめ

jaiant410_12

花森、持田の過去について語る!!

ジャイアントキリング 410話 ネタバレ 最新 確定

花森、インタビュー

日本代表のエースにしてドイツで活躍するあの男に迫る?

花森
「ここドイツでの・・・俺の目標・・・?
それは欧州にいる他のフットボーラーとなんら変わらない。」

jaiant410_01

「実際今のベルリンの勢いなら来シーズンの出場枠である4位以内も十分狙える。そして可能であればCL常連のクラブへ移籍する。」

記者1
「ほう」

花森
「年齢的に厳しくなってもきたが・・・今のパフォーマンスならそれを覆す自信もある。
この俺がより高いレベルに身を置くこと・・・
そこでもたらされる成長は、ひいては日本代表のレベルアップにも・・・つながるであろう。」

記者1
「なるほど」

記者2
(目標を聞いたのに・・・預言者みたいになっちゃったな)

jaiant410_02

「先日国内組で編成されたメンバーでのホンジュラスとの親善試合で、
盟友・持田選手が10番を背負い素晴らしいプレーを見せたわけですが・・・・・・
ダイジェストなどご覧には・・・」

jaiant410_03

花森
「もも・・・持田など恐れるに足らず・・・
何故なら俺は昔から、奴に負けたと思ったことなど・・・・・・一度たりともないからだ。」

初めて出会った時持田と花森

持田
「超ーーー暗っ!気持ち悪いねー君」

花森
(ガガーン)・・・・・・
(こ・・・・・・ここここ・・・・・・こいつにだけは負けん!!)

jaiant410_04

招集選手
「うわっすげー身体強いなー持田君!」
「おまけにスタミナまであるんだもんな!」
「あ」
「で・・・でもボールテクニックはハナちゃんの方があるよねー」

花森
「・・・・・・(負けん、負けん!この世代のナンバー1は・・・・・・
天才の称号は俺のものだ・・・!!)

背番号を代表監督から言い渡される。

jaiant410_05

「持田、背番号10」

おおーっと周囲からは歓声が上がる。

「花森11番」

花森
「・・・・・・(お・・・お・・・おのれーー・・・
俺は今まで10番以外付けたことがないというのに・・・・・・!!)

代表の試合

相手国GK
「10番上手いぞ、絶対にフリーで持たせるな!」

持田が囲まれながらも相手DFを押しのけ花森へパスを出す。

持田
「花森(ハナ)!」

jaiant410_06

ゴールを2人は抱き合って祝福する。

jyaiant410

場面は2人が揃ってインタビューを受けるている所へ。

記者
「2人はジュニア時代の頃からこの世代の中心だったと思うけど、
なんか最近じゃどんどん抜けた存在になってきてるよね。
2人で崩していく場面とか本当に多いし。
やっぱりお互いライバルだと意識して、しのぎを削ってるような関係なのかな」

jaiant410_07

花森
「い・・・いえ・・・」

持田
「ははっ、こいつは思ってんじゃないですか?
俺は思ってませんけど」

花森
「お・・・思ってない」

持田
「俺の方がハナより怖い選手なんでね、
相手がよっぽど厳しく来るんですよ。
このネクラ野郎も代表で結構ゴール決めてますけど、
あれは俺がDFを引きつけてるからであって
俺のおかげッス。な」

花森
(こ・・・こいつのことはいつまで経っても好きになれん・・・・・・!)

再び代表戦

試合中に持田が相手DFのタックルをくらい、ホイッスルがなる。

花森
「よし、いい位置・・・・・・」

jaiant410_08

試合が終わり、スタジアムから出る花森をドアの所で待つ持田。
松葉杖を両手に抱えている。

持田
「よう、海外行くってマジ?何処?」

花森
「ノ・・・ノーコメントだ・・・」

持田
「別にいいだろ、メディアの人間じゃないんだからよ」

花森
「ド・・・ドイツ・・・」

持田
「えーーーーー、あんな縦ポンのフィジカルサッカーに
ガリヒョロのお前が通用するかよー」

花森
「お・・・俺はガリヒョロじゃないし・・・
ドイツのサッカーも変わって来てるんだ・・・」

持田
「ま、なんにせよ」

jaiant410_09

花森
「だから早く治して・・・」

持田
「ははっ!それは違うね!
俺がダントツで上手かったから周りに削られまくってこうなってんだ、いわばこれはトップの証。
俺がいなかったらお前なんかとっくにぶっ壊されてるぜ」

持田の方を横目で花森は黙って見る。

持田
「ははっ!相手からしたらそこまで怖い選手じゃないか!ハナは。」

花森
「・・・・・・(こいつ・・・どこまで減らず口を・・・!!)」

持田は少し黙る。

jaiant410_10

持田
「五輪に引き続きレンタル延長だ。A代表でも貸してやるからお前がつけろ」

花森
「・・・・・・そ・・・それって俺が決められるもんじゃないのだけれど・・・」

持田
「いいな?」

jaiant410_11

後ろ姿を黙って見送る花森。
その後も持田は怪我に何度も悩まされ、新聞やネットに記事が上がる。
その記事をパソコンで眺めている花森。

場面はドイツで取材を受けている花森へ戻る。

jaiant410_12

長い間待っていた__。
あの男の完全復活を!

以下ジャイアントキリング ネタバレ 411話 に続く



ジャイアントキリング 411話 ネタバレ情報まとめ

新着情報入り次第随時更新予定!

 - ジャイアントキリング