漫画ネタバレ画バレ│漫画王

ワンピース・東京グール・進撃の巨人・ハンターハンター・バキ道など人気マンガ・おすすめマンガの確定ネタバレ・伏線考察・ランキング・画バレ・感想・展開予想・議論・名言など!最新情報随時更新中!「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

mangaou

風夏 143話ネタバレ画バレ&144話最新情報

      2017/02/28

風夏 ネタバレ一覧はこちら

風夏 143話ネタバレ144話最新 風夏 143話画バレ144話画バレ確定最新話

・風夏143話確定ネタバレ画バレ
・144話ネタバレ画バレはこちら

前回

huuka142_9

観客「な・・・なんだ!?」

風夏「優くん・・・」

huuka142_10

huuka142_11

・風夏 142話ネタバレ画バレはこちら

そして今回はどんな展開に・・・


風夏 143話 ネタバレ 最新 確定

生駒
「今日この瞬間からあなたの世界はガラッと変わるわ・・・
まさに絵に描いたようなシンデレラストーリーよ?」

風夏
「・・・あの・・私・・・」

生駒
「弱小事務所では一生見ることが出来ない景色を私が見せてあげる」
と風夏の背中を押し、ステージに押し出す生駒・・・


「新メンバー碧井風夏」

風夏143

観客が「わああああ」と盛り上がります。

「え?どういうこと?」

「新メンバー?」

「FUNBOOKメンバー増えるの?」

戸惑う風夏・・・

どうしよう・・・ホントに私・・・これでよかったの?

世界中にライブ配信されているライブ・・・
そのライブ配信をヘッジホッグスのメンバーがたまの入院する病院で観ていました・・・

やっさん
「はぁ?どーゆ―ことだよ一体!碧井の奴榛名達のバンド抜けんのか?」

トモ
「ちょっとやっさん病院で騒がないで」

やっさん
「いや、だってよぉ」

ヒサシ
「そんなこと沙羅は一言も言っていなかったけど・・・
何かあったのかな・・・」

ニコ
「よくあることだろ?メンバーが入れ替わるなんて」

たま
「・・・・迷子の子供みたいな顔してるね・・・」

風夏143

モニターに映る風夏を見てたまがそう言い・・・


「ホラ早く・・・照れてないでこっち来なって」
と手を差し伸べる瞬・・・

風夏
「・・・・」

しかし、風夏の頭に浮かぶのは優の事ばかり・・・

優”過去がどうだったとか・・・
これから先がどうだとか・・・
そんなこと関係ない・・・
一緒にやろうよバンド!”

風夏143

きっと私は・・・

優”僕にとっての風夏はキミ一人だよ!!”

それでも私は不安だったのかもしれない・・・

どんなに優くんを好きになっても・・・
やっぱり彼の心の中には今でも風夏ちゃんがいた・・・

でも、本当にこれでよかったのかな・・・
だけど・・じゃあどうすればよかったんだろう・・・

風夏143


「風夏ってば!」

自分を呼ぶ声に顔をあげる風夏・・・

風夏
「・・・」

今更何考えてるのよ・・・
もう私には帰る場所なんてない・・・
優くんが許してくれるわけないじゃない・・・

生駒
「さぁ・・・新たな伝説の始まりよ」

風夏143

そこでライブハウスの扉が開け放たれ・・・・


「ちょっと待って!」息を切らせた優が駆け込んできます・・・


「!」

生駒
「なっ」

風夏
「優くん・・・」

風夏143

突然の優の登場に会場もザワザワ・・・

「な・・・なんだ・・?」

「なんか変な奴が入って来たぞ」

「ちょっとぉ・・ヤバい人なんじゃないの?」

警備
「おいキミ!何考えてんだライブ中に!」

優をつまみだそうとするスタッフたち・・・

しかし・・・


「離してください!!」

生駒
「なんの騒ぎよこれは!!」

木曾
「さぁ」


「すいませんどいてください」

とライブ会場最前列まで進んでいく優・・・

風夏
「優くん・・・なんで・・?」


「風夏ぁ!!」

風夏
「何しにきたのよ!もうライブは始まってるでしょ?」


「・・・・だから迎えに来たんだろ!

碧井風夏は僕たちのメンバーだ

風夏
「・・・・」

風夏143

優に何を言われたのか咄嗟に判断できない風夏・・・


「早く!みんな待ってる!」

優はステージにいる風夏に手を伸ばします。

風夏は瞬に振り返って・・・

瞬は優と同じように風夏に手を差し伸べてきていて・・・

風夏143


「そっちは暗闇・・・荊の道だよ?」

その言葉に笑顔になる風夏・・・

真剣な表情に優の方を見ると・・・駆け出します

風夏
「ゴメン・・・瞬くん・・・!!」

そのままステージから客席最前列にいる優にダイブする風夏!


「え?飛っ・・・」

風夏
「優くん!」

ドッ

風夏をしっかりキャッチする優・・・

風夏143

風夏
「ゴメンね・・・私それでもやっぱり優くんと・・・」

涙ながらに語る風夏・・・


「・・・」

優はそれには答えずに・・・


「行こう!」

と風夏の手を取って走り出します。


「・・・」
すっきりした顔でその後ろ姿を見つめる瞬・・・

生駒
「カメラ止めなさいカメラ!こんなの流せるわけないでしょ」

風夏143

客席はまたザワザワし始めて・・・

「え?ナニコレ」

「新メンバー攫われちゃったけど」


「えーーと楽しんでもらえたかな?
実は新曲がこんな感じのストーリーなんでちょっと演出してみたんだ!」
となんとかゴマかそうとしますが・・・

モニターで見ていたヘッジホッグスのメンバーは・・・

ヤっさん
「よーしそうだ榛名!やるじゃねーか!」

トモ
「成長したわね榛名くん!!先生嬉しい」
と号泣するトモ先生・・・

ヒサシ
「お前ら静かにしろよ」

ニコ
「・・・フン何がしたいんだか・・・」

たま
「はっはっはっはやっぱいいね・・・最高だこいつら・・・

いつかアタシ等なんかよりもっとすごい事やってくれそうな気がするよ」

風夏143

手を取り合って走る優と風夏・・・ライブに間に合うか!!

以下風夏 ネタバレ 144話 に続く



風夏 144話 ネタバレ情報まとめ

・144話ネタバレ画バレはこちら

優が風夏の手を取って走り出した!

風夏
「でも・・優くん私・・」


「行こう!!みんな風夏を待ってるんだ!!」

生駒社長、壁を殴って悔しがる
「こんなことして・・・
どうなるか分かってるんでしょうね・・・」

優は走りながら
「大丈夫!今、教える!
サビだけでいいから一緒に歌ってよ!!」

風夏
「でも・・!」
(その曲は優くんが桜ちゃんのために・・・)

風夏144

風夏、目を閉じて
「うん・・・わかった・・・」

・144話ネタバレ画バレはこちら

風夏 ネタバレ一覧はこちら

 - 風夏