漫画ネタバレ画バレ│漫画王

ワンピース・東京グール・進撃の巨人・ハンターハンター・バキ道など人気マンガ・おすすめマンガの確定ネタバレ・伏線考察・ランキング・画バレ・感想・展開予想・議論・名言など!最新情報随時更新中!「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

mangaou

絶対可憐チルドレン 469話ネタバレ画バレ&470話最新情報

   

絶対可憐チルドレン ネタバレ一覧はこちら

絶対可憐チルドレン 469話ネタバレ470話最新 絶対可憐チルドレン 469話画バレ470話画バレ確定最新話

・絶対可憐チルドレン469話確定ネタバレ画バレ
・絶対可憐チルドレン470話最新情報まとめ

前回

特殊部隊「よおし、抵抗するな!!少しでも抵抗すれば “処分” する!!」

松風の背を押す皆本「議論してるヒマはない!!命令だ、行け!!」

葉「くそっ、逃げるぞガキども!!」

薫「皆本・・・!!」

・絶対可憐チルドレン 468話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

蕾見文書
「それは多分・・・気づかれたくなかったのよ・・・・・

   


 

絶対可憐チルドレン 469話 ネタバレ 最新 確定

『継承(1)』

カタストロフィ号

海上をゆくカタストロフィ号・・・

ベッドの上で治療を受けている兵部は・・・

死んだように横たわっている・・・

紅葉
「真木ちゃんは奪還できず、少佐は重傷・・・!?」


「・・・ごめん、姐さん」

紅葉
「あんたがついてて・・・!!

何やってんの!!」

かわす葉
「ひいっ!!」

紅葉
「避けちゃダメでしょ!?
ここは甘んじてビンタされるとこじゃん!!」


「ビンタじゃねえだろ!!
必さつ技じゃん!!」

兵部
「・・・うるさいぞ紅葉
ケガ人をもっと気遣え」

紅葉
「少佐・・・!だって・・・どうすんのこれ!?
心臓がダメになったって・・・」

兵部
「どうってことはないだろ、
人工心肺でなんとかなってるんだし

僕は幽霊みたいなもんだっていつも言ってるだろう?
ちょっと不便になっただけさ」

スマホを手に取る紅葉
「移植用の新しい心臓を買わないと・・・!
“当日配達” ってあるかしら」


「通販する気か!?
なにその邪悪なオンデマンド!!」

紅葉
「ブラックファントムなら臓器売買もやってるんじゃない?」


「ダメだろそれ使っちゃ!!」

そこに・・・

マッスル
「少佐アアアアー!!」

兵部
「よお、マッスル」

マッスル
「話は聞いたわ!!アタシの心臓を使って!!
ムダに鍛えてあるわ!!少佐と組織の為なら捧げる覚悟はあるし!!」

兵部
「要らない」

マッスル
「そんなこと言わないで!!
ロビエト政府にもギリアムの手が回って、
アタシ達との関係を一方的に切ってきたわ

大使をクビになった今、
できる事はそれくらいなの!!」

兵部
「いやでもホラ、拒絶反応が」

機械からビーッ!ビーッ!という音が鳴る

マッスル
「精神的に拒絶!?」

兵部
「まあ気持ちだけもらっとくよ、僕の負傷は気にするな
こうなる事がベストだと判断した結果なんだ
いわば・・・計画通りなのさ」


「寝たきりになるのが?
ただの負け惜しみに聞こえるよ?」

兵部
「あの時・・・ “虫” が僕にとりついてギリアムに中継してたろ?
奴は僕を苦しめてその感情を味わおうとしてたわけだが・・・

あいにくこっちも海千山千でね
僕の方からのぞき返してやったんだ」

ギリアム
「ククク・・・収穫の時間だ!
たっぷり味わうとしようか
君の痛みと絶望を・・・ね!

・・・?なんだ・・・?
確かに怒りは感じるが・・・その向こうにまだ・・・」

兵部
「(マズい)」

そして自ら刺さりに行った兵部

兵部
「傷を負うことで誤魔化せたとは思うが・・・
あいつの目的は僕を精神的にいたぶることなんだから
僕がその役に立たない状態になった方が痛いはずだ

公式には僕は “意識不明” ってことにしといてくれ
それなら真木も当面はおとなしくなるだろう」

紅葉
「それで・・・この後はどうするの?」

兵部
「パンドラの指揮はクイーンに譲るよ
君らは彼女に従い、支えてくれ」

マッスル
「・・・!!」


「クイーンに・・・!?」

兵部
「少し早いが、いい機会だからな
うるさい不二子さんや皆本はいないし、
彼女はバベルに戻れない

玉座にとうとう主が座る日が来たってわけさ ククク・・・!」

紅葉
「(どこまで本気で言ってるの・・・!?)」

兵部
「あ、そうだ いっそ僕の葬式もやんない? “死んだ” って事にして
ちょっとワクワクするね♪」

葉とマッスルの背を押して行く紅葉
「あーはいはい クイーンの件、みんなに通達してくるわ
みんな行きましょ」

紅葉が扉にさしかかった時に言う兵部
「・・・真木のことは心配するな あいつなら大丈夫だ」

紅葉
「納得できないわね でも・・・少佐が彼を殺すなんて無理だってわかってたし、
次に取り戻すチャンスが来るまで焦らず待つことにするわ」

場面はチルドレン達へ


「いや、焦るなって言われても!!納得できない!!

皆本も賢木センセイもばーちゃんも捕まっちゃったんだよ!?
しかも不二子ちゃん危篤状態じゃん!!

局長と柏木さんもあのままだし!!
真木さんも連れ戻せなかったし!!
京介もあんなだし!!

どう考えても焦るトコじゃんこれ!!
こうなったら力づくで・・・!!
今すぐ全員でバベルを襲撃しよう!!」

吹き矢を撃つ紫穂

ばたっ・・・と倒れる薫

紫穂
「そんなことしたらますます敵の思うツボでしょ?
エスパーとノーマルの内戦になりかねないじゃない」

悠理
「吹き矢!!」

松風
「吹き矢で仕留めた!!」

なんとか起き上がる薫
「でも・・・!!じゃあどうすんの・・・!」

蕾見文書
「だからまずは落ち着いて

こういう時のための私・・・ “蕾見文書” なのよ」

宇津美
「僕も及ばずながら相談に乗るよ」

松風
「兵部さんは “パンドラの戦力は好きに使っていい” と言ってくれてますが、
どうすればいいのか・・・」

宇津美
「そのことだけど・・・京介はなぜ身を引くことにしたんだ?
敵にしてやられて大人しくなるようなタイプじゃないだろう」

蕾見文書
「それは多分・・・気づかれたくなかったのよ

あいつは過去の思い出と怨念にしがみついてるし、
今の家族を大事にはしてるけど・・・根っこの部分で京介を支え続けた存在があるわ

ギリアムがその人物に狙いをつけることは避けたかったんじゃないかしら」


「? なにそれ? 誰のこと?」

以下絶対可憐チルドレン ネタバレ 470話 に続く



絶対可憐チルドレン 470話 ネタバレ情報まとめ

新着情報入り次第随時更新予定!

絶対可憐チルドレン ネタバレ一覧はこちら

 - 絶対可憐チルドレン