漫画ネタバレ画バレ│漫画王

ワンピース・東京グール・進撃の巨人・ハンターハンター・バキ道など人気マンガ・おすすめマンガの確定ネタバレ・伏線考察・ランキング・画バレ・感想・展開予想・議論・名言など!最新情報随時更新中!「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

mangaou

絶対可憐チルドレン 464話ネタバレ&465話最新情報

      2016/12/27

絶対可憐チルドレン ネタバレ一覧はこちら

絶対可憐チルドレン 464話ネタバレ465話最新 絶対可憐チルドレン 464話画バレ465話画バレ確定最新話

・絶対可憐チルドレン464話確定ネタバレ画バレ
・465話ネタバレはこちら

絶対可憐チルドレン 464話 ネタバレ 最新 確定

『カタストロフ(2)』

バベルに潜入した皆本・チルドレン・兵部達

扉の前には数人の黒服が立っているが・・

黒服
「ん?」

足元に水が流れている・・

黒服
「なんでこんな所に・・」

そこに大量の水が流れてきて溺れる黒服達
「ぐ・・息が・・」

それはヒュプノで見せていた幻・・

zc464-1

悠理
「制圧・・完了です。」

一応、銃を構えていた賢木
「襲撃された事にも気づかないまま一網打尽か、ヒュプノってのはすげえな」

兵部
「相手にもよるさ、こいつらはおそらくブラックファントム企業傘下の警備会社に所属する傭兵だ

バベルの職員でも自衛官でもない、仕事の目的は金だけなのさ

理想や信念を持たない奴らにヒュプノはことさらよく効く 目に映る状況に対して、
うまく立ち回って得をする事しか考えないからだ」

悠理
「でも・・人間の多くはそういうものです だから父と兄は組織を大きくできたんです」

皆本
「・・いつまでも思い通りにはさせないさ、それより・・蕾見管理官がこれを予想していなかったはずがない
あっさり侵入を許したって事は・・」

松風
「待ち構えてますね」

賢木
「だろうな」


「葵の空間把握能力でドアの向こうの状況は見えない?」


「それが・・このエリア、ECM(超能力妨害装置)が働いてるんやろ?
でもみんな普通に超能力使えてるやん?」

松風
「そりゃ・・ECCM(超能力妨害対抗装置)を持ち込んだからな」

皆本
「ECMは波長の調整で “穴” を作れる 管理官だけが超能力を使えるようになってるはずだし

こっちもECMを使って “穴” を完全に塞げば銃撃戦をやるしかなくなる」


「せやのにどういうわけかウチだけ超能力が使われへんみたいやねん」

皆本
「! 兵部・・?テレポートは使えるか?」

兵部
「待て」

zc464-2

試してみた兵部
「・・ゴッデスの言う通りだな テレポートだけがECCMでも解放されてない」


「超感覚の空間認識も使われへん どういうことやろ?」

皆本
「テレポートが高度でデリケートな能力だから、デジタル念波が入り乱れる環境の影響を受けてる・・?いや・・

意図的にテレポートだけを妨害されてる・・?ならその目的は・・」

松風
「僕らの退路を封じてる・・?」

賢木
「あまり・・おもしろい状況じゃねーな」


「だとしてもここまで来てケツまくる手はねーだろ 要は勝ちゃいーんだよ、
そうすりゃ逃げ道の心配なんかいらねえんだ」


「・・(たしかに、ばーちゃんを取り戻すのがあたしたちの目的だし・・
でも・・なんだろうこの・・イヤな感じ

あたしは予知能力者じゃないし これって・・ただビビってるだけ・・?)」

その時・・

扉が開く・・

zc464-3

中からは・・桐壺と柏木

桐壺
「やあ よく来たネ、君達 勢揃い・・か」

柏木
「ここにいるはずのない人たちまで・・.フフ・・いい度胸だわ」

皆本
「局長!」


「柏木さんも・・!」

桐壺
「入りたまえ、こちらも歓迎の準備はできている・・ヨッ!?」

桐壺に飛び蹴りなどで突っ込んでいくチルドレンの3人
「局長の、バカー!!」

zc464-4

さらにぼかすか殴りまくる3人


「なにあっさり催眠にかかってるのよ!?」


「せや!!信念とか理想があったらかかりにくいはずやろ!?」

紫穂
「局長の私たちへの愛情はその程度だったのー!?」

皆本
「いやちょっと!?こら!!」

賢木
「ま、抵抗はしたろうが所詮2人はノーマルだし そう無理を言うな」

皆本
「いくら局長でも、愛情だけで超能力をハネ返すってわけには・・ !!」

桐壺
「む・・チル・・ドレン・・国の宝・・そして・・ワシの宝!!

zc464-5

はっ!!ワシは今まで何を・・!?思い出したぞ!!ワシらは管理官に催眠をかけられて・・」

zc464-6

桐壺にスタンガンをくらわせる柏木

皆本
「局長ー!?」


「柏木さん!」

超能力を使おうとする薫の前に出ていく悠理

柏木
「う・・わ・・私・・は・・」

悠理
「大丈夫!私に任せて!」

兵部
「この2人にはヒュプノだけでなくマテリアル汚染もあるようだ 正気に戻すにはワクチンも要る」

松風
「(それに抵抗できた局長ってやっぱすごいな)」

柏木にワクチンを打つ賢木
「よし、あとは俺が!」

柏木
「・・!」

2人を横に寝かせる

柏木に触れる紫穂
「ワクチンはちゃんと効いてる、体内のレアメタル粒子が崩壊を始めたわ」

賢木
「当たり前だ、俺のこと信じてなかったのか?」

紫穂
「このままここに置いておくわけにはいかないわ 不二子さんを取り戻さないと再汚染されるだけだし・・」


「でもテレポートでけへんで?」

兵部
「・・今は2人を保護してる時間がない、このまま行こう」

皆本
「しかし・・!」

兵部
「忘れるな、リーダーは僕だ」

扉を開く兵部
「それと・・合図するまで君らは手を出すな 不二子さんとはまず僕が対決する」

不安そうな表情の薫
「(大丈夫・・!きっとうまくいく・・!)」

 

以下絶対可憐チルドレン ネタバレ 465話 に続く



絶対可憐チルドレン 465話 ネタバレ情報まとめ

・465話ネタバレはこちら

『カタストロフ(3)』

奥の部屋の扉を開けて入っていく兵部

「来たぜ、不二子さん」

椅子に座り、後ろを向いている不二子
「・・・待ってたわよ、みんな なのに・・・随分遅かったじゃない」

立ち上がった不二子を見た一同
「!!」

zc465-1

軍服を着ている不二子
「せっかくのおめかしがムダになるかと思ったわ」

兵部
「・・・ババアのコスプレに興味はないぜ?
なにソレ、倦怠期対策とかそういうの?」

不二子
「あら、気に入ってくれると思ったのに」

銃に手を伸ばした不二子を見た皆本が銃を向ける

皆本
「管理官!!武器を捨てて下さい!それを置くんだ!!」

不二子
「これだけエスパーが揃ってて、たかが拳銃が怖い?
こんなものただのアクセサリーよ

特別な・・・思い出の品」

兵部
「・・・!!まさか・・・」

zc465-2

・465話ネタバレはこちら

絶対可憐チルドレン ネタバレ一覧はこちら

 - 絶対可憐チルドレン