漫画ネタバレ画バレ│漫画王

ワンピース・東京グール・進撃の巨人・ハンターハンター・バキ道など人気マンガ・おすすめマンガの確定ネタバレ・伏線考察・ランキング・画バレ・感想・展開予想・議論・名言など!最新情報随時更新中!「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

mangaou

終わりのセラフ 47話ネタバレ&48話最新情報

   

終わりのセラフ ネタバレ一覧はこちら

終わりのセラフ 47話ネタバレ48話最新 終わりのセラフ 47話画バレ48話画バレ確定最新話

・終わりのセラフ47話確定ネタバレ画バレ
・終わりのセラフ48話最新情報まとめ

serahu47_17

フェリド・バートリーがグレンを語る!!

終わりのセラフ 47話 ネタバレ 最新 確定

「祈りのダイショウ」

激闘の果てに・・・

新宿 日本帝鬼軍 第二首都

車が列をなして現れ、壁の前で止まった車から柊暮人が姿を現す。

この男、王道にして覇道。

部下
「新宿に到着しました」

暮人
「ああ、すこし車を止めておけ」

そう言って別の車に行き、コンコンと窓を叩く。

serahu47_01

暮人
「出ろよ」

グレン
「用件を言えよ、新宿に入らないのか?」

暮人
「お前は座ったまま上官と離す気か?」

グレン
「ちっ、めんどくせぇな」

そう言うとグレンは車から出て辺りを見渡す。

グレン
「誰も降りてこないな、兵は新宿に入らないのか?」

暮人
「ああ、このまま渋谷にいく。
父上に吸血鬼の都市を破壊した報告をしなきゃならないしな」

グレン
「はっ、パパやったよ褒めて~か?」

暮人
「はは、まぁそうだ。実際俺はよくやったろ?お前も少しは褒めろよ?」

グレン
「・・・・・・
終わりのセラフの完成か・・・」

serahu47_02

グレン
「だが仲間を大勢殺した」

暮人
「人類の未来のためだ。おまえだって殺した、意味があるとわかってるからだ」

グレン
「もういい、さっさとパパに褒めてもらってこいよ」

暮人
「そうしよう、前線にも出す自分たちの権力を維持するためだけに生きる父上たちに、
俺達が造った【終わりのセラフ】の力を味わってもらわなきゃな」

グレン
「・・・・・・・・・
それはどういう意味だ?」

暮人
「渋谷に戻って 父上を殺す」

serahu47_03

グレン
「・・・なんだ、それがおまえの夢か?
私的な恨みのためにおまえはこの力を手に入れたのか?」

暮人
「いや、別に俺に夢などない。父は弱った、もう柊家の当主として相応しくない。
こんな厳しい世界じゃ走らない虎は死ぬべきだ」

グレン
「で、走るおまえが王に相応しいと?」

暮人
「現状はな、真昼がいればあるいは違ったかもしれないが」
「あいつは俺と違って天才だったしな」

serahu47_04

グレン
「・・・・・・・・・だが正しい時期なのか?柊天利の力はまだ大きい」

暮人
「問題ない、すでに兵の二割は俺の味方だ」

グレン
「八割が敵かよ」

暮人
「【終わりのセラフ】がある」

グレン
「おまえはそれでさらに何人殺す?」

暮人
「出来れば最小にしたい、
人間は一丸となってこの腐った運命に抗う必要があるからな。
だから___父を殺し、当主交代を宣言する。
コトが起きればすぐに新宿でも内紛が起きるだろう。
おまえはそれを抑えろ」

グレン
「俺が残りの八割だったら?」

暮人
「・・・冗談だろ、勘弁してくれよ」

serahu47_05

グレン
「・・・結局おまえも柊だ」

暮人
「まあな、俺はおまえの主だ。
だが同時に優秀な仲間だとも思ってる、おまえはどうだ?」

手を差し出す暮人。

グレン
「手を取って裏切るな、か?」

暮人
「取らなくてもいいが裏切るな」

グレン
「はは」

暮人
「よし、始めよう。出発準備!!ああ、グレン」

グレン
「なんだ」

暮人
「人類の未来にとって深夜は必要な人材だ、説得しろ」

グレン
「言われなくても・・・俺に必要なんだよ」

serahu47_06

場面は代わり、フェリドの元へ。
クローリーがバスの前ではしゃがんでいる。

フェリド
「どう?クローリー君、このバスエンジン掛かりそう?」

クローリー
「たぶんね、そのための充電器も持ってきてるし」

フェリド
「よかった。しかし君、実は機械いじり好きだよね」

クローリー
「君がクラシックカーを無理矢理僕に直させるから覚えちゃっただけだよ」

フェリド
「ははは」

話している間にバスのエンジンがかかる。

フェリド
「わっ、動いた。おーい、みんなーお待たせー。
バスが動いたよ、これで一緒に移動できる」

serahu47_07

しばらく誰も言葉を発しなかったが、シノアが口を開く。

シノア
「行きましょう」

全員をバスに乗せて、出発する。
運転手はクローリー。

フェリド
「楽しいねー、まるで遠足に行くみたいだ。お弁当もたくさん積んでるし」

君月
「お弁当ってオレたちのことじゃないだろな」

三葉
「・・・おいシノア、このバスに乗ってよかったのか・・・?」

シノア
「でも他にやりようが・・・」

serahu47_08

シノア
「死体ですが人質もいますし・・・
それに・・・」

「いまの私たちじゃ逃げ切れません。
優さんの薬もいりますし・・・【終わりのセラフ】の情報も聞きたい」

ミカ
「甘いね、僕たちがそう考えるようフェリドがコントロールしてるんだ。
僕たちは既にあいつのゲームの中だ」

鳴海
「そんなに奴は頭がいいのか」

ミカ
「いい、おまけに異常者だ。奴だけには関わりたくない」

フェリドは前の方から後ろに向かって移動を始める。

鳴海
「だが他に案があるのかよ?少なくとも今は・・・」

フェリド
「あ、そうそう、君」

鳴海
「!」

フェリド
「鳴海 真琴君だよね?」

serahu47_09

フェリド
「茜ちゃんと同じで、死んだ君の大切な仲間___
秀作君、鍵山君、弥生ちゃん、利香ちゃん、四人の死体も
僕がちゃ~んと拾って瓶詰め保管してあるから安心してね」

ミカ
「ほら、こうなる。人質が増えた」

 

 

 

フェリド
「もしも秀作君たちが蘇生した時、体が欠けてたら大変だからさ」

鳴海
「おまえはどこまで・・・!!」

君月
「騒ぐな、話を進めよう。終わりのセラフについて教えてくれるんだろ?
早く教えろよ、蘇生とはなんだ?」

ミカ
「話なんて聞いても無駄だ。全部こいつの遊びだ」

フェリド
「ふふ、気になるよね。妹の未来ちゃんのこともあるしね。
でもあと5秒待とうか、そろそろ優ちゃんが起きるから。残り3秒、2、1、はい」

パチンと指を鳴らす。

serahu47_10

君月
「なるほど、確かに付き合いにくそうだ」


「俺・・・そうか、また暴走して・・・ごめんミカ」

ミカ
「いいんだ優ちゃんのせいじゃない」


「みんなも。・・・で、茜は?」

ミカ
「覚えてるの?」


「ああ全部覚えてる、茜はどこだ?」

ミカ
「優ちゃんの見えないところに」


「・・・あいつはなんで茜のクビを持ってた?」

シノア
「蘇生できると言ってました
【終わりのセラフ】はそのための実験だと」

serahu47_11

ミカ
「信じないで優ちゃん、奴は僕らを利用するためなら・・・」


「わかってる、俺も家族を皆殺しになれた」

フェリド
「やあ優ちゃん、おはよ~。気分はどうだい?」


「鬼が静かだ。おまえの薬が効いてる」

フェリド
「お礼は?」


「話次第だな、孤児院の他の子供たちの体は?」

フェリド
「あるよ」


「どこに?」

フェリド
「僕の屋敷に」


「いま向かっているのはおまえの屋敷か?」

フェリド
「そう話を急ぐなって~」

serahu47_12


「蘇生の話は本当か?」

フェリド
「ふふ、やっぱり興味ある?」


「ないな、おまえの話は信じない。
お前は嘘つきだ、だがグレンの話は聞いてやる。話せ」

フェリド
「あはは、グレングレングレ~ン。
仲良しだね、そんなに聞きたい?」


「ああ、早く話せよ。あいつは何に巻き込まれ、何に取り憑かれている?」

フェリド
「ん~、じゃあ話はそこから始めようかなぁ。
これも終わりのセラフの話だしね」

新宿

serahu47_13

廊下を進み、扉の前に立つ監視に話かける。

グレン
「牢の扉をすべて開けろ」

監視
「え・・・?」

グレン
「で・・・おまえらは去れ」

監視
「ですが・・・それでは囚人が逃げま・・・」

グレン
「ここに囚人はいない、責任は俺が取る。言うことをきけ」

そう言ってグレンは扉の奥へと進んでいく。奥には深夜が座っている。

グレン
「・・・深夜」

深夜
「牢を開けちゃだめでしょ グレン
僕は君を殺すよ」

serahu47_14

グレン
「やれよ」

深夜
「僕は本気だ、君は仲間を裏切って殺した」

グレン
「ああ」

深夜
「部下を裏切って殺した」

グレン
「そうだ」

深夜
「・・・許してやるから抗弁しろ、理由を言え」

グレン
「・・・殺したのは事実だ」

深夜
「白虎丸」

深夜が銃を具現化すると、グレンも手を刀にかける。

serahu47_15

深夜
「くそっ!!なぜ武器を抜かない!!なぜよけない!!」

グレンの喉元に突きつけた刃は震えている。

「くそっ!!理由を言え!!!言ってくれ!!!」
「おまえはこんなことをする奴じゃなかった!!
鬼だ、鬼に取り憑かれてるんだ、そうだろ?」

グレン
「制御できてる、新しい薬がある」

深夜
「嘘だ・・・おい真昼、おまえか?おまえがグレンを・・・」

グレン
「深夜、落ち着け」

深夜
「黙れ真昼!!!」

グレン
「真昼は死んだ もういない」

serahu47_16

深夜
「黙れ黙れ!!そんなはずがない!!!
もしそれが本当なら・・・
鬼にも真昼にもおまえが取り憑かれていないというなら・・・!!
・・・どうしたらいい」

突然、言葉に力をなくす深夜。

深夜
「僕は、君を許せなくなる。もし取り憑かれてないなら・・・
君はいったいなんのためにあんなことを・・・目的はなんなんだ・・・」

グレン
「俺は・・・」

バスの中

フェリド
「彼は・・・仲間に取り憑かれてるんだよ」

serahu47_17

フェリド
「大切な仲間の死に」


「・・・一体どういうことだ」

フェリド
「八年前、彼にはとても大切な仲間がいた。
命を共にする仲間だ、名前は確か・・・
柊 深夜、五士 典人、十条 美十、花依 小百合、雪見 時雨。

だがみんな死んだ」

シノア
「え・・・ちょ、ちょっと待ってください。そんなはず・・・」

フェリド
「いや死んだ。で、蘇生された。
だけどこの世界で生命の蘇生は許されていない、
心の狭い神様はお怒りだ。代償は大きい、とても凄いよ」

serahu47_18

フェリド
「世界中の人間がウイルスで死んだ。
一瀬グレンはずっとその罪と罰に独り取り憑かれている」

想像を超える真実・・・!!

以下終わりのセラフ ネタバレ 48話 に続く



終わりのセラフ 48話 ネタバレ情報まとめ

新着情報入り次第随時更新予定!

終わりのセラフ ネタバレ一覧はこちら

 - 終わりのセラフ