漫画ネタバレ画バレ│漫画王

ワンピース・東京グール・進撃の巨人・ハンターハンター・バキ道など人気マンガ・おすすめマンガの確定ネタバレ・伏線考察・ランキング・画バレ・感想・展開予想・議論・名言など!最新情報随時更新中!「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

mangaou

神さまの言うとおり弐 185話ネタバレ&186話最新情報

      2016/12/27

神さまの言うとおり弐 ネタバレ一覧はこちら

神さまの言うとおり弐 185話ネタバレ186話最新 神さまの言うとおり弐 185話画バレ186話画バレ確定最新話

・神さまの言うとおり弐185話確定ネタバレ画バレ
・186話ネタバレ画バレ最終話はこちら

前回

天谷「・・・消えない俺の中の瞬が・・・消えろよ・・・もう・・・俺の中には俺とお前しか残ってないんだよ・・・」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-13-37-52

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-13-38-12

これで全ての記憶が消えついに空っぽになった明石

丑三「明石ィ!!!」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-13-38-23

明石「・・・任せろうん・・・大丈夫・・・わかってる」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-13-38-30

(自分自身の記憶すら全て失ってももらった感情(モノ)だけで動いてる・・・!?人ではない存在(なにか)だ)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-13-38-43

・神さまの言うとおり弐 184話ネタバレはこちら

そして今回は!

image

   


 

神さまの言うとおり弐 185話 ネタバレ 最新 確定

『神さまの言うとおり 弐』185話 「どうかこのまま」【ネタバレ・感想】_198250

「どうなってんだよてめぇぇぇ!!?」
高畑の記憶が消えず、精神が崩壊していく天谷。

自分の記憶も無くした状態で立ち向かう明石を見て、正気の沙汰ではありません。

それを冷静に見る丑三。
「明石が今まで感じ取ってきた、
『願い』や・・・『想い』・・・自分じゃない誰かに為だけに、
戦う存在だ。まさに、神か・・・」

一方、天谷は冷静さを失い、
「俺の中の瞬を消してくれぇ!!!」

自身の記憶と、どうしても消えない高畑の記憶で自我を保っている彼は、
どうしようも無い寂しさでいっぱいです。

『神さまの言うとおり 弐』185話 「どうかこのまま」【ネタバレ・感想】_198253

「こんな弱い俺は俺じゃ無い・・・瞬さえ消えれば・・・俺はまた強くなれるんだ・・・!!」
泣き叫ぶ天谷。

ターンは丑三。
「違うぞ天谷・・・お前はそんな風にできてない・・・
明石も俺もお前も・・・!!
記憶の刻み方は人それぞれ違う・・・!!
消えないのは..
.忘れたくても忘れられない人がお前にはいるってことなんだ!!
認めろ天谷!!」

天谷にとって高畑瞬は自分の一部になっており、
「壊せない」存在なんだと諭す丑三。

出てくる記憶のシャボンは高畑瞬のみ、そして天谷のターン。
彼は出た目の数全てを、自分自身に攻撃します。

『神さまの言うとおり 弐』185話 「どうかこのまま」【ネタバレ・感想】_198255

自分を攻撃しても、一向に消えない高畑の記憶。
「クソが・・・わかったよ・・・
消えねぇんだな俺の中の瞬は・・・
何があっても・・・」

「だったら・・・足掻くのはヤメだ・・・
この寂しさを抱いて!!
俺は神になる!!!」

今まで自分の強さだけを信じ、
ゲームに参加してきた天谷武。

ゲームの中で出会った唯一信じられる相手
高畑瞬をここで大切な存在だったとようやく認め、
再び意思を持って明石と戦います。

「俺もお前も心は壊れない!!
ここからは肉体の勝負だ明石ぃ!!」

『神さまの言うとおり 弐』185話 「どうかこのまま」【ネタバレ・感想】_198257

「おいで・・・信じて・・・」小さな声で呟く明石。

二人ともすでに痛みは限界。
自我を失った願いの神、寂しさを抱えた破壊の神の戦い

人間の命の散り際に美しさを感じている丑三つは、
二人の命のぶつかり合いに涙を流します。

何て幸せな観測者なんだ・・・と。

そして彼は願います。

俺たちの生きた輝きよ、どうかこのまま、消えないでください・・・
そこで明石が放った一発。

「ああクソ・・・マジかよ・・・ダメだ・・・」
ついに倒れこむ天谷。

『神さまの言うとおり 弐』185話 「どうかこのまま」【ネタバレ・感想】_198258

減っていくカウント数。
しかし天谷はほぼ力尽き、立ち上がる気力がありません。
そして不意に振り上げた拳。それを小さく自分に打ち込みます。

「でも俺を壊せるのは 俺だけだぜ♪」
小さく浮かんだシャボン玉。
それは幼少の天谷の姿をしていました。
最後に自分の記憶を壊し、彼は絶命します。

ここで、明石と丑三の勝利が確定します。

『神さまの言うとおり 弐』185話 「どうかこのまま」【ネタバレ・感想】_198259

「あ・・・勝った・・・終わった・・・明石・・・!!俺たちが・・・」

勝利を確信し、明石の方へ振り向く丑三。

しかし明石、立ったまま気絶しています。

もらった感情だけで立ち続け、ようやく戦いを終えた彼はすでに抜け殻の状態。

唯一人間として、自我を保っている丑三。

以下神さまの言うとおり弐 ネタバレ 186話 に続く



神さまの言うとおり弐 186話 ネタバレ情報まとめ

・186話ネタバレ画バレ最終話はこちら

天谷を倒し、丑三は明石と勝利の喜びを分かち合おうとするも、
明石の反応はなかった。

『神さまの言うとおり 弐』最終話「神さまの言うとおり」【ネタバレ・感想】_198369

・186話ネタバレ画バレ最終話はこちら

神さまの言うとおり弐 ネタバレ一覧はこちら

 - 神さまの言うとおり弐