漫画ネタバレ画バレ│漫画王

ワンピース・東京グール・進撃の巨人・ハンターハンター・バキ道など人気マンガ・おすすめマンガの確定ネタバレ・伏線考察・ランキング・画バレ・感想・展開予想・議論・名言など!最新情報随時更新中!「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

mangaou

東京グールre 76話ネタバレ&77話最新情報

      2016/05/21

トーキョーグールre 76話ネタバレ77話最新 トーキョーグールre 76話画バレ77話画バレ確定最新話

東京グールre クインクス 新旧メンバー一覧
東京グールre 種類別クインケランク一覧まとめ

東京グールre 過去に六月透は虐待を受けていた!? 徹底考察!

・東京グールre76話確定ネタバレ画バレ
・東京グールre77話最新情報まとめ
・77話ネタバレ

前回のラストは

カネキ
「僕・・・僕さ・・・・・・君がいないと さびしいよ・・・・・・」

涙をボロボロ零していくカネキ。

20160507152101bdas

ヒデ
「・・・・・・・・・ウサギかお前は」
「・・・色々ゴタクならべて”死にたい”だの”消えたい”だの」
「・・・・・・お前は生きる理由がみつからねーだけだろ」
「んなモンすぐ見つかるって」
「せっかく拾った命 無駄にすんな」

立ち上がるヒデ。

ヒデ
「ほら、もう歩けるだろ? 行けよ」
それでも座ったままのカネキに、背を向けつつヒデは言葉を続けていく。
ヒデ
「カネキ」「”誰かの為に『かっこよく死ぬ』命を賭ける”? だっけ?」
「バァカ」
「あのときオレは、『お前と生きたい』と思ったんだぜ」
「聴こえるまで言ってやる──」「かっこ悪くても、いきろ。」

20160507161226243s

涙を流しつつ白カネキになって復活したカネキ。

そして今回、

「平和的解決(一方的虐殺)しましょ★」

tg_76_5

遂にキレちゃったか!!?旧多!!

 

東京グールre 76話 ネタバレ 最新 確定

カネキ VS コクリア、有馬

カネキは立ち上がった。

有馬
「‥‥‥」

殻は破られた。そこに生まれたもの。

カネキは顔を上げ、憑き物を払い落とし、穏やかに笑う。

E69DB1E4BAACE596B0E7A8AE20re20E3838DE382BFE38390E383AC2076E8A9B177E8A9B120E69C80E696B0-5

有馬も無表情ではあるが、微笑んでいるようにも見える。

E69DB1E4BAACE596B0E7A8AE20re20E3838DE382BFE38390E383AC2076E8A9B177E8A9B120E69C80E696B0-10

そして再度激突する2人!

(ボロボロ、選んだものなんどもひっくり返して)
(同じことの繰り返し)
(くだらなさすぎる僕は)
(カッコ悪い、ダサイ 優柔不断、軟弱者‥)
(それが───僕だ)

カネキと有馬のぶつかり合いは更にヒートアップ!

E69DB1E4BAACE596B0E7A8AE20re20E3838DE382BFE38390E383AC2076E8A9B177E8A9B120E69C80E696B0-7

カネキ
(死にかけてようやく辿り着くいびつな景色)
(リゼさんもヒデも、いつだって結局ぜんぶ僕の中 僕から出たものでしかない)
(「僕が逢いたいひと」)
(「僕が言われたいこと」)
(“ヒデならきっと僕を止めてくれる”)
(そこかでそう考えていた時点で、僕自身が願ってしまっていたんだ)

(生きたい、なんて)

エトに潰される”V”の男たち


「ぷぎゅ」

エトは掴んだ男たちをガンガン放り投げてゆく!

涙目の旧多
「わー 仲間よわーい」

そしてエトが旧多の方を振り向く。

焦る旧多
「あっ」

「話し合いましょう
僕たち入り口が間違っていたと思うんですよね」
「まあまあ」
「タンマタンマ」
「たぶん性格的に相性はバッチリだと思うし
親睦を深め合うにはちょうどいい機会」
「お茶でも あ、
コーヒー淹れましょうか
捜査官ブレンド」

「落ち着いて」
「フレンド申請中!」

「ごめんなさい!」

(ヒス女ァ〜〜 えっ、どっから来たの?
パテ喰って元気出ちゃった?
マジ悪手〜)
(やべしやべし)

tg_76_1

「謝罪はいかが!?
安いよ安いよ!」

キャッキャしている旧多。

エトはガンっと足を踏む!

エト
「必要ないね」

旧多
「ですよねー!!逃げるぞ!」

tg_76_2

「過去を振り切り ダッシュ!!!!」
「ニムダッシュ」
「忍(かぜ)よりも早く‥」

“V”の男
「!!」
「戦えニムラッ」

エト
「そーだ 戦え」

“V”の男を一気にかたずけ、
旧多を追うエト。

旧多
「もー」

エト
「オラ逃げんな」
「オラ!! 走り方キモイぞ」

旧多
「めっちゃオラついてるー」
「味方ナシですかああ?
僕、いっつもそう」

tg_76_3

旧多どんどん追い詰められてゆく。

旧多
「わひ あひ あっ 思ったよりデカッ」
「わわ フヒィっ」

旧多を見下ろすエト

エト
「オッ めっちゃいい眺め」

旧多
「怪獣じゃん もう!“喰種(グール)”の概念ってなに!」

チラっと男達を見る旧多。
どうやら全員が息絶えている様子。

旧多
「タハハ(汗)」

「特等レベルの”V”が全滅‥
やっぱ隻眼の梟って強いんですねー
アハハハハ(汗)」

エトは大きな爪を旧多へ向けて攻撃しようとする!

エト
「お花が見たいな 旧多くゥん」

旧多
「お花畑に行けばいいじゃない!」

旧多は両目を押さえる

旧多
「もお 争いは嫌!!!!」
「なので!」

エトの赫子が一瞬で切り刻まれていく。

tg_76_4

エト
「!? !!?
‥‥‥こ‥ッ
”赫子”‥ッ」

エヘエヘエヘと笑う旧多。
その右眼だけが赤く染まっている!

「平和的解決(一方的虐殺)しましょ★」

tg_76_5

以下東京グールre ネタバレ 77話 に続く



トーキョーグールre 77話 ネタバレ情報まとめ

浜辺を歩く謎の喰種。
周囲には捜査官の遺体がゴミのように転がっている。

喰種「──すごいね 死体がいっぱい」

「砂浜は『CCG』も結構やられてるみたい」

「アオギリの根城はどこかな」

「屍体が道標になりそう」

「…ん なあに? おなかすいたの?」

「しょうがないなァ…」

立ち止まる喰種。
腰のあたりから伸びた赫子が捜査官の屍肉を漁っている。

「ちょっとだけだよ」

赫子が取り出した内臓を食べる喰種。

「おなかも空くよね ようやく パパに逢えるんだもん」

「ウンウンウン」

「うれしいねえ “シロ”ぉ」

ブツブツ1人で話している喰種(クロナ)。

「ぐ…」

「……は… く…」

「姐さん…」

場面変わり、建物の中に避難している様子のミザ。

ミザ「……大丈夫だ…」

「鈴屋…たしかにアイツは化け物だな…」

「あそこまで一方的に虐殺(ほふ)られるとは…」

背景には”ジェイソン”を振り回す鈴屋の姿。

ミザ「……」

「思い出深い場所だ…ここは」

喰種「え…?」

【ミザの回想】

展望台に上るミザ。
そこから流島を見下ろしていく。

ミザ(思ったよりデカい島だな…)

(地形を覚えるのに時間がかかりそうだ)

(今日から『刃』もアオギリの樹の傘下…)

(強者が掌握する世界…これも世の流れか…)

「オイ!」

物想いにふけるミザに誰かが叫ぶ。

ミザナレーション:
この展望台は──

見下ろすとそこにはナキの姿が。

ナキ「なにやってんだ そこのホシンシャ」

ナレ:
──ナキと出会った場所だ

ミザ「保身…は?」

ナキ「ホホーシンニュウってやつだぞ! ヘンな髪型だな」

「”どーりょ”問題で 色々面倒なことになんだ」

ミザ(ほほー? どーりょ?)

(さりげなく髪型馬鹿にされた?)

(なんだコイツ…訛り…?)

(いや……)

(単純に、馬鹿?)

ナキ「んで、その場所は俺のホクトウ席だ とっとと下りろ」

大人しく降りるミザ、そこにやってきたのはホオグロと承正。

「兄貴ィ!」「ナキのアニキッ」

ナキ「オウお前ら」

ホオグロ「あ…そいつ”刃”の…」

ミザ(ナキ…! こいつが…)

(白スーツの現トップ…)

ナキ「いやなコイツ俺のホクトウ席に どっぷり『鎮座』してやがってよ」

ホオグロ「そいつ『ミザ』っすよ 今日からアオギリ入りでしょ」

ナキ「ん、そーなのか?」

ミザ(狡猾さで名の知れた”13区のヤモリ”の後継者が…こんな馬鹿だと?)

ホオグロ「30分前にタタラから聞いたじゃないスか…」

ホオグロ「アニキ、 『ホクトウ席』じゃなくて『特等席』ッス 展望台が”北東”にあるからごっちゃになったんスね」

ナキ「ん? 『北東』ってなに?」

承正「『方角』のことです、兄貴」

ミザ(なんだ この 知能レベルは)

ナキ「共学」

承正「それは男女が一緒に勉強するたのしいやつです兄貴」

ホオグロ「『鎮座』が言えてなんで方角がわかんないんスか…(汗)」

ナキ「ま、新入り いろいろわかんねー事あるだろーが…」

「俺が アバタイズしてやる」

ドヤ顔のナキ。

ホオグロ「アニキアドバイス」

承正「ん? デバイスがどうした?」

ミザ「………」

(大丈夫なのかこの組織(アオギリ)…)

その建物は鈴屋と出会った場所だった。

そして幾度かのCCGとの戦闘。

CCGの羽赫の弾幕にいいようにやられる喰種たち。

ミザ「こらナキ! “箱持ち”は羽赫から狙え! 基本だろ!」

ナキ「なにい!?」

また別の戦闘。

ナキ「作戦はこうだ まずお前らが右からワッと行って俺は真ん中グワーッて…」

「そんでドカン」

ミザ「指示は明確にしろ! それか承正たちに任せろ!」

さらに別の戦闘。
大人数が狭い通路に固まり、身動きが取れない様子。

ナキ「進めねえ!」

ミザ「広間に出ろ! 数の利を殺すな!」

明らかになるナキのポンコツぶりに落ち込むミザ。

20160521165008da1

ミザ「ポンコツにも程があるぞ…」

「なんなんだアイツ…」

ホオグロ「アニキの悪口言ったらコロスぞ ババア」

承正「ホオグロにおなじ」

ミザ「…お前ら良くアレに付いていけるな 命がいくらあっても足りないぞ」

「元々はヤモリについてきたわけだろう? アイツについていく理由が…」

ホオグロ「…俺は先に『白スーツ』にいたこのマッチョと引き分けて入ったんだよ」

「ヤモリのアニキも確かにすげーが」

承正「…俺はナキのアニキに打ちのめされて惹かれた」

ホオグロ「”理由”なくついてってるわけねーだろ」

承正「俺たち義兄弟、愚者なりに信念がある」

ミザ「”理由”…?」

ため息をつく承正「ついてこいよ ババア」

ミザ「…ババアはやめろ」

案内されたのは展望台。

ミザ「展望台…それが…」

指を口にあて、静かにと承正。

ミザ(いったい何の…)

「ぐすっ」

ミザ「!」

「うう…」

暗い展望台で1人泣いているナキ。

「ウド」
「熊児」
「速島」
「肘」
「はじ平」
「野板」
「ハモ」
「ノルノマ」

ミザ「…………」

「ナキ……あいつ…なにを呟いて…」

承正「お、さすが耳良いな」

「”過去に犠牲になった仲間の名前”だ」

「ヤモリの大兄貴から始まって ガギさんグゲさんまで」

「何週も何週も一人一人 ああやって夜通し悲しむ」

「30分前の会議の内容も忘れる兄貴が 仲間の名前だけはけして忘れない」

「おかげでクマがとれないんだけどなー」と笑うホオグロ。

ホオグロ「理由わかったろババア」

ミザ「…え」

ホオグロ「どうせ長生きできねー駆逐対象(オレら)」

「どうせならあんな風にサ いつまでも覚えててくれる兄貴のもとで逝きてーじゃん?」

ナキを見て頬を染めるミザ(私が上に立つ者だからか、)

(…はたまた 単純な女だからか)

(男に惚れられる男に私は───…)

20160521165006a23s

・77話ネタバレ

東京グールre クインクス 新旧メンバー一覧
東京グールre 種類別クインケランク一覧まとめ

東京グールre 過去に六月透は虐待を受けていた!? 徹底考察!

 - 東京喰種トーキョーグール:re