漫画ネタバレ画バレ│漫画王

ワンピース・東京グール・進撃の巨人・ハンターハンター・バキ道など人気マンガ・おすすめマンガの確定ネタバレ・伏線考察・ランキング・画バレ・感想・展開予想・議論・名言など!最新情報随時更新中!「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

mangaou

思い、思われ、ふり、ふられ 21話ネタバレ画バレ&22話最新情報

   

思い、思われ、ふり、ふられ ネタバレ一覧

思い、思われ、ふり、ふられ 21話ネタバレ22話最新 思い、思われ、ふり、ふられ 21話画バレ22話画バレ確定最新話

・思い、思われ、ふり、ふられ21話確定ネタバレ画バレ
・思い、思われ、ふり、ふられ22話最新情報まとめ

思い、思われ、ふり、ふられ 21話 ネタバレ 最新 確定

和臣
「ちょっとごめんね」
と朱里に布団を被せて姿を隠した

理央が和臣の部屋の窓を覗き込む

間一髪で朱里の姿は見えなかったが、
なぜ服を着ていないのかと訊く

「や・・・別になんでって事もないけど」
と答える和臣の後ろで布団の中へ足が入っていくのが見えた

理央は裸の和臣と布団の足から出ていた謎の足に状況を察し、
赤面してごめんっと言って走り去った

理央が走り去った後、布団から顔を出す朱里
和臣は改めてこの状況が恥ずかしいと気づく

驚いた理央はそのままコンビニへ向かい考えていた
和臣に友達と好きな子が被ったらどうするか相談しにいこうとしていた

お子様なカズに相談しても無駄かもだけどと侮っていたのに先を越されていたなんて
前に好きな子がいないって言ってたのに・・・
好きな子じゃなくてもそれとこれは別って事!?と再度赤面する

和臣の部屋

朱里は隠れずにちゃんと説明すればよかったんじゃというが
和臣はあの状況だと何を言ってもウソっぽいというか絶対誤解されるじゃんと答える
和臣は理央にだけは絶対、
ここにいるのが朱里だと知られてはいけないと考えていた

朱里はそう言えば和臣の兄を初めて見たと話題を変える
「大らかというか・・・サッパリというか・・・なんかいいね!」

しかし和臣は
「闊達(かつたつ)っていえば聞こえいいかもしれないけど そのせいで周りが迷惑するって事もあるよ」
と答える

※闊達とは小さいことにこだわらないとかという意味

兄はやりたい事ができたからと大学を辞めた
ほんとバカだと言う和臣に、朱里は
「え? なんで? やりたい事があるんなら別にいいんじゃないの?」
と反論

全然よくないよ
ふつうせっかく入った大学辞めてまでやる事かなって
俺なら思うけど

朱里は
「ふつうって? 誰にとってのふつう?」
と続けるが和臣は何も答えない

でもまぁ
その事で乾くんが我慢してる事も
たくさんあるんだろうね

とフォローしながら朱里は和臣と行ったお気に入りの場所での和臣の言葉を思い出していた


まーそれでもたまには
『ごめんね』『ありがとう』『たすかるよ』とか言って欲しいいよな
それだけでいいのにな


あの言葉は自分の状況に不満がある人の言葉で
だからあの時の私の気持ちを
すくいあげる事が出来たんじゃないかな
だから乾くんも

朱里は和臣も家族の中で役割を演じていたりするのだろうかと考え
自分と同じで、そばで支えてあげたいと考えていた
そしてそのためには自分の中から恋愛感情を消さないと
その素振りが出たら、きっとそばにいることを嫌がられると思っていた

(和臣の気持ち)

山本さんが嫌だ
俺が必死に気持ち抑えてんのに
なんでその隙間をすりぬけて
勝手に入りこんで来るんだ
なんでそんな目で見るんだ
なんで俺の目の前にいるんだ

何も考えられなくなりそうで 嫌なんだ

「山本さん 俺」
と言いかけて、
雨の日の理央と朱里のことを思い出してしまう和臣

朱里は夏祭りで言われたことはちゃんとわかってるから大丈夫だ、
もう困らせるようなこと言わない
なんなら忘れてくれてもいいと言い
もう帰ると部屋を出た

(和臣の気持ち)
なんだよ・・・忘れていいって・・・
山本さんには簡単な事かもしんないけど
だったら俺にも
忘れ方くらい教えてってほしい

自分の部屋への帰り道、
朱里はこれまでもすぐ立ち直ってきたしと自分に言い聞かせるも
こらえきれず涙がこぼれた

あんな事言いたくなかった
なにこれめっちゃつらい

初めて人を好きになって『怖い』と思った

コンビニでずっと考え事をしていた理央、そこに由奈がやってきて
ふたりは一緒に帰ることに
由奈は学校も一緒に帰ったし、今日はたくさん一緒にいられるなと上機嫌

理央は由奈に和臣に好きな人がいるのかなと聞く
由奈の答えを待たずに「ま どっちにしろ朱里には言えないか」という理央の言葉に
由奈は和臣の好きな子を気にするのは理央が朱里のことが好きだからかと理解した

理央は由奈に言わなきゃいけないことがあると公園に寄り道する
コンビニの袋を縁石に置いて、並んで立ち話するふたり
理央は語り始める

朱里の事は自分の中でちゃんと整理ついたから
・・・多分意地になってたんだと思う
好きって気持ちがこじれて
いつの間にかただの執着にすり替わって
そういうのやっと
やっと手放せた
だからそのことはもう心配しないで

「無理してない?
私の前では強がらなくて大丈夫なんだよ?」
と由奈

理央は無理してない、
ずっと自分の話を聞いてくれてありがとう
叱ってくれてありがとうと告げる

(理央の気持ち)
出口がない気がして
ずっと苦しかったあの場所から
連れ出してくれた由奈ちゃんは
絶対
絶対俺の女神でしょ

由奈は涙を浮かべながら聞く
「理央くんもうつらくない? 大丈夫なの?」
うんと答える理央、由奈は理央くんがもうつらくないなら良かったと笑顔を見せる

理央は思わず由奈を抱きしめる
その後離れて無言のふたり

「え・・・今の・・・なんでしょうか」と聞く由奈に
理央は照れながら答える

親愛のハグ

由奈はそっかー私も朱里ちゃんとよくするよーと応じる
理央はそのままキスしたい衝動に駆られるも
ちゃんと好きって言ってからしたいと少し距離を置いて、気持ちを伝えようとする

しかしそこへ由奈にLINEが
理央はどうぞとLINEを確認するよう促す

LINEは我妻くんからで、
我妻くんの妹のプレゼントの相談にのっていたのだという

理央は我妻に妹がいることを自分も知らなかったのにいつの間にそんなに仲良くなっていたんだとショックを受ける

翌日
理央は我妻を呼び出し由奈への気持ちを聞く

え?
市原さんの事?
なんだやっぱバレたか
うん 俺
市原さんの事 好きだよ

笑顔で答える我妻くん

以下思い、思われ、ふり、ふられ ネタバレ 22話 に続く



思い、思われ、ふり、ふられ 22話 ネタバレ情報まとめ

新着情報入り次第随時更新予定!

思い、思われ、ふり、ふられ ネタバレ一覧

 - 思い、思われ、ふり、ふられ