漫画ネタバレ画バレ│漫画王

ワンピース・東京グール・進撃の巨人・ハンターハンター・バキ道など人気マンガ・おすすめマンガの確定ネタバレ・伏線考察・ランキング・画バレ・感想・展開予想・議論・名言など!最新情報随時更新中!「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

mangaou

山田くんと7人の魔女 242話ネタバレ画バレ&243話最新情報

      2017/02/23

山田くんと7人の魔女 ネタバレ一覧はこちら

山田くんと7人の魔女 242話ネタバレ243話最新 山田くんと7人の魔女 242話画バレ243話画バレ確定最新話

・山田くんと7人の魔女242話確定ネタバレ画バレ
・243話最終回ネタバレ画バレはこちら

前回

山田くんと7人の魔女241

白石「どういう意味?」

山田「あぁ!?だから俺はお前の言うとおりにしてるだけだって言ってんだよ・・・

山田くんと7人の魔女241

自分の言ったことにハッとする山田。

 

白石「私・・・・

山田くんと7人の魔女241

山田くんと7人の魔女241

山田「おかえり、白石・・・!!」

・山田くんと7人の魔女 241話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

山田
「あー、えっと・・・

山田くんと7人の魔女242

   


 

山田くんと7人の魔女 242話 ネタバレ 最新 確定

最終回まで残り2話!
”朱雀高校の魔女で説”から10年。
それぞれが輝ける場所で、夢を語り合うーーー。
つまり何が言いたいかって、10年後の山田たちが登場でい!!

東京丸の内のオフィス街

超高層ビルのあるフロア。

「係長ーー外線3番お電話でーす。」

山田くんと7人の魔女242

山田
「・・・はい。23日の14時ですね?
そちらへお伺いしてよろしいですか?
・・・・
はは、では弊社でお待ちしております。
失礼いたします。」

電話を置く。

若手社員
「うお、山田さん。また新しいプロジェクトですか!?」

山田
「んー?そんなところだな!」

上司
「山田がいればウチの部署は安泰だなぁ。」

山田くんと7人の魔女242

受付嬢3人
「お疲れ様ですぅ。」

受付1
「山田くん今日も定時退社!?」

受付2
「あれで凄い数のプロジェクト抱えてるんでしょ!?
すごいわよねー。」

受付3
「アタシー今度合コン誘ってみようかなぁ。」

受付2
「無理無理!そういうの絶対来てくれないよ。
外資系投資銀行で働く超美人の彼女がいるらしいし!」

受付1
「何その完璧女!!?」

受付2
「デキる男は違うのよ。」

外に出ると宮村が山田を待ち構えていた。

宮村
「遅いぞ山田。」

山田くんと7人の魔女242

二人車に乗りこんで

山田
「今日は珍しく早いな。」

宮村
「いちおう公務員なんで!
1年後ノルウェーに飛ぶタイプのな!」

山田
「ミナミアフリカの次は北欧かよ。
外交官様も大変だな。」

宮村
「よく言うぜ。
お前のところの事業の話、うちの管轄に入って来てたぞ?
宇宙系?海洋系?」

「宇宙の方。」

※山田は大手重工業メーカーに勤務。

山田くんと7人の魔女242

宮村
「・・・それで今日はこれからどうする?
金曜なら玉木も来れるんじゃね?」

山田
「潮もな。」

宮村
「じゃあ久々に山田の家にするかぁ。」

「結局そうなるのかよ・・」

みんな集まって・・・

山田くんと7人の魔女242

山田はビールを流し込み、宮村はウォッカをラッパ飲み。

玉木はビールをゆっくり飲んで、潮は日本酒をハイピッチで。

山田
「おう玉木ィ!ペース遅えんじゃねーのォォ!?」

玉木
「僕は徐々に上げていくタイプなんだ!」

潮は全く酔ってないようだが・・・


「ここはどこだ?」

山田
「顔に出ねえタイプかよ。」

宮村は山田の胸を後ろから揉みしだいて
「あれー?
山田最近ハラ出てきたんじゃね?ヒック」

山田
「おいやめろ つーかそこ腹じゃねえ!!」

ピンポーン

誰か来た。

山田くんと7人の魔女242

椿
「てかいつも集まり早すぎ。山田毎日定時退社ってマジ?」

玉木
「たまには同僚と飲みなよ。」

山田
「しょーがねえだろ。話が合わねーんだから!!」


「まだそんなこと言ってんのかよ。」

宮村
「やれやれ。何も変わらねーな。」

山田くんと7人の魔女242

山田
「ああ。」

玉木
「あっという間だったねぇ。」


「未だこうしてツルんでいることになるとはな。」

山田
「・・・んで、最近みんなどうなんだよ?」

玉木
「僕は特に変わりないよ。
仕事は順調!
シュミの時間も持てるしね。」

山田
「相変わらずの実家暮らしかよ。」

玉木
「東京生まれの特権だろ。」

椿は何かを炒めながら
「ウチは海外進出決まったーー!!」

山田と宮村
「今度オゴれ。」

山田くんと7人の魔女242

山田
「なんだなんだオマエらー。
久々にみんな集まったのに進展ナシかぁ!?」

玉木
「じゃあ山田君は何かあるって言うのかい?」

山田
「フッフッフ・・・

山田くんと7人の魔女242

椿
「マジかオマエ・・・いつ日本に帰って来れるんだよ?」

山田、泣
「それが・・・未定だ。」

宮村
「日本の未来がかかってる。
応援してやってくれ・・・!!」

山田
「テメーは何様だ!?」

玉木
「だ・・・だとしたら
どうなってしまうんだい?
白石さんのこと・・・」

黙り込む山田。

宮村
「付き合って11年か?
いい加減プロポーズしちまえよ。」

玉木
「ええ!?まだしてなかったの!?」


「結婚はいいぞ山田!」

山田
「わかってるよ!
俺だって好きでこうしてる訳じゃねえ。
けど・・・ここへきて海外転勤だぞ・・・?

山田くんと7人の魔女242

山田
「あいつ・・・タダでさえ忙しそうだし
仕事楽しそうだし
そもそも結婚する気ないんじゃないかって・・・」

宮村
「寄ってくる奴もいっぱいいそうだしな。」

山田
「う」

椿
「でもこうしてても仕方なくね?」


「時は残酷に過行くぞ。」

山田
「・・・わかってるよ!」

宮村
「次はいつ白石さんに会うんだ?」

山田
「明日。3週間ぶりに。」

宮村
「ならちょうどいいじゃん。」

山田くんと7人の魔女242

山田
「待ってくれよ、そんな突然・・・・」

宮村
「またまたァ
1か月前に一緒に指輪買いにいったじゃん。
ほらコレ。」

玉木
「1か月前!?」

山田くんと7人の魔女242

「なんだ・・やる気はあるんだね。」
「もう行くしかねーだろ。」
「いやけど急すぎだろ。俺は1か月後くらいでいいかと。」
「変わんねーよ。」
「変わるわ!!」

山田くんと7人の魔女242

宮村
「そしてシメに夜景のキレイなレストランにてムードは最高潮!
はい、その時言う事は!?」

山田くんと7人の魔女242

宮村
「なぜ言わない?」

山田
「い・・いや急に振られても!?
つーか・・カンタンには言えねーよ。」

宮村と潮、困った顔・・

山田
「つーか今どきそんなコテコテなことやる奴いるのか!?
感づかれたらどーすんだよ。」


「それは山田次第だな。」

「突然の突き放し!!」

山田、指輪ケースをじっと見つめている。

椿
「ホレ山田!
練習練習!!」

「う」

宮村
「仕方ねえな、付き合ってやるか・・・」

山田くんと7人の魔女242

山田、指輪ケースを開けて宮村の前にひざまづく。

宮村
「何かしら~」

玉木と潮はニヤニヤ。

山田
「あー、えっと・・・

山田くんと7人の魔女242

玉木
「いいぞー!!」


「その調子でいこう!」

山田は振りかえって
「い・・・いややっぱ無理だろ!!」

するとそこには・・・

山田くんと7人の魔女242

以下山田くんと7人の魔女 ネタバレ 243話 に続く



山田くんと7人の魔女 243話 ネタバレ情報まとめ

・243話最終回ネタバレ画バレはこちら

山田が宮村にプロポーズの予行演習。
「結婚してください!!!」

そこに偶然入ってきた白石。

山田くんと7人の魔女243

白石目線だと‥

山田くんと7人の魔女243

・243話最終回ネタバレ画バレはこちら

山田くんと7人の魔女 ネタバレ一覧はこちら

 - 山田くんと7人の魔女