漫画ネタバレ画バレ│漫画王

ワンピース・東京グール・進撃の巨人・ハンターハンター・バキ道など人気マンガ・おすすめマンガの確定ネタバレ・伏線考察・ランキング・画バレ・感想・展開予想・議論・名言など!最新情報随時更新中!「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

mangaou

山田くんと7人の魔女 241話ネタバレ画バレ&242話最新情報

      2017/02/16

山田くんと7人の魔女 ネタバレ一覧はこちら

山田くんと7人の魔女 241話ネタバレ242話最新 山田くんと7人の魔女 241話画バレ242話画バレ確定最新話

・山田くんと7人の魔女241話確定ネタバレ画バレ
・242話ネタバレ画バレはこちら

前回

山田君と7人の魔女240

10087・・10087・・

上から順に見ていく山田。

あった!10087があった!!

山田君と7人の魔女240

成田国際空港

アナウンス「ロサンゼルス発東京行き702便は到着ゲート3番にーー・・」

山田君と7人の魔女240

・山田くんと7人の魔女 240話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

白石
「私・・・・

山田くんと7人の魔女241

もう泣きそうな山田・・・・・

   


 

山田くんと7人の魔女 241話 ネタバレ 最新 確定

卒業式

今日は卒業式。
暖かい日差しに、希望が萌える。
殿大生山田。胸を張って、うららと再会!

校門で桜を見上げている山田。

そこに
「先輩ーー!!

山田くんと7人の魔女241

ノア
「これから寂しくなりますけどー
超研部はノアたちが受け継いでいきますので安心してくださいね!」

山田
「ああ、頼んだ!」

山田くんと7人の魔女241

山田
「まあな!お前らはどうなんだよ?」

マリア
「雑誌の専属モデルに決まってね。」

大塚
「私は漫画学科のある大学へ。」

姫川
「あの・・・・山田さん。

山田くんと7人の魔女241

会長室

悠理
「とうとうこの日を迎えてしまいましたね。
この学校のことはお任せ下さい。
いずれまた現れるであろう”始まりの魔女”を迎える準備ならできております。」

山田
「へえ・・・立派になっちゃって。
言うじゃねーの会長さんよォ!」

悠理
「とは言っても魔女の能力なき今、僕ら生徒会は校内秩序を保つのに手を焼いていますがね。」

山田
「力でゴリ押し出来ねえってか。ご苦労なこったな。」

山田くんと7人の魔女241

山田
「おおお前ら!結局役員になれたのな!」

黒崎
「あー・・・いろいろあってな。」

山田
「いろいろ?」

有栖川
「だって能力もなくなっちゃいましたしー
内心のためとは言えどうしようか迷ったんですけど・・
会長なりにご意志があるようなので。」

黒崎
「そいつを聞いて俺らも乗ってやろうかなってさー。」

山田
「なんだよそれ。」

悠理
「学校生活を楽しく過ごすには何が必要か、教えてくれたのは先輩たちではないですか。」

山田くんと7人の魔女241

山田
「・・・悠理・・・」

有栖川
「だって魔女のことなんて、このメンツ以外話せる人いないですから!」

黒崎
「みッ宮村くんのこともな!!」

山田
「あとは頼んだぜ・・・!!」

山田
「・・・というわけで

山田くんと7人の魔女241

山田
「だ・・・だってよぉ~・・・」

託摩
「怖気づくのかい?」

伊藤
「まープレッシャーはわかるけど。」

宮村
「落ち着け山田!
白石さんは必ず振り向いてくれるさ。」

山田くんと7人の魔女241

山田、なぜか赤くなってドキドキしている
「殿大生のオマエ・・・
カッコ良すぎかよ・・・!!」

伊藤
「アンタも殿大生でしょーが!!」

山田
「わ・・わかってるよ。
もう一回ノート見て復習しとくか!」

この時、白石が校門を入ってくる。

山田くんと7人の魔女241

山田を見ても無表情のまま。

山田
「白・・石・・・」

山田くんと7人の魔女241

立ち尽くす山田。

伊藤
「行っちゃった・・・やっぱり・・・
この学校であったこと、何も覚えてないんだね・・・
山田・・・」

山田はこんなことではくじけない!

山田くんと7人の魔女241

山田くんと7人の魔女241

伊藤
「本当に大丈夫なの?
山田に知的な会話なんて出来るのかしら?」

山田
「任せとけ!必ず白石を振り向かせてみせる!!」

伊藤
「心配だわー。」

山田
「それで白石は・・・」

山田は窓際で佇む白石のそばに行く。

山田
「いやぁ・・・
今日はなんて素晴らしい卒業式だ。
桜の花も美しい。

俺の名前は山田竜。
白石うららさんだろう?」

何の関心も示さない白石。

山田
「君って海外の大学に行くんだって?
実は俺も国内最高峰の殿様大学に行くことになっていてね・・・!」

ここでも無反応。

白石
「そう。」

山田くんと7人の魔女241

宮村が話しかけてみる
「白石うららさんだよね?
俺も春から殿大に通うんだけどさ。
海外の大学の入試ってどんな感じなの?」

白石、普通に応じる
「学力試験とあとは面接で教授と食事会があるわ。」

山田、ショックを受ける
「はあ!?」

伊藤
「滲み出るバカ属性が抑えきれてないのよ!!」

山田
「そ・・そんなハズは・・・」

卒業証書授与式

山田は白石の隣に座る。

山田
(落ち着け!まだチャンスはある!!
俺は白石を知り尽くしてるんだ。
食いつきそうな話題だってお見通しよ!!)

山田、再チャレンジ!
「あのさ!」

白石、間髪を入れずに
「うるさい。」

取り付く島がない・・・

その後も話しかけては無視され続ける山田。

山田
「待ってくれよ!!
話くらい聞いてくれてもいいだろ!!?」

白石
「別に。
あなたみたいな人と話すことなんて何もない。」

山田はもはや半ば放心状態。

物陰から見守っている伊藤
「なんか・・・ヤバくない・・?」

ついに山田キレた!

山田
「なんでだよ・・・

山田くんと7人の魔女241

白石
「どういう意味?」

山田
「あぁ!?
だから俺はお前の言うとおりにしてるだけだって言ってんだよ・・・

山田くんと7人の魔女241

自分の言ったことにハッとする山田。

見守り組は

宮村&伊藤
「あのバカッ何言って・・・」

白石
「私・・・・

山田くんと7人の魔女241

もう泣きそうな山田。

山田くんと7人の魔女241

山田
「おかえり、白石・・・!!」

山田くんと7人の魔女241

以下山田くんと7人の魔女 ネタバレ 242話 に続く



山田くんと7人の魔女 242話 ネタバレ情報まとめ

・242話ネタバレ画バレはこちら

最終回まで残り2話!
”朱雀高校の魔女で説”から10年。
それぞれが輝ける場所で、夢を語り合うーーー。
つまり何が言いたいかって、10年後の山田たちが登場でい!!

東京丸の内のオフィス街

超高層ビルのあるフロア。

「係長ーー外線3番お電話でーす。」

山田くんと7人の魔女242

山田
「・・・はい。23日の14時ですね?
そちらへお伺いしてよろしいですか?
・・・・
はは、では弊社でお待ちしております。
失礼いたします。」

電話を置く。

若手社員
「うお、山田さん。また新しいプロジェクトですか!?」

山田
「んー?そんなところだな!」

上司
「山田がいればウチの部署は安泰だなぁ。」

山田くんと7人の魔女242

・242話ネタバレ画バレはこちら

山田くんと7人の魔女 ネタバレ一覧はこちら

 - 山田くんと7人の魔女