漫画ネタバレ画バレ│漫画王

ワンピース・東京グール・進撃の巨人・ハンターハンター・バキ道など人気マンガ・おすすめマンガの確定ネタバレ・伏線考察・ランキング・画バレ・感想・展開予想・議論・名言など!最新情報随時更新中!「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

mangaou

リアルアカウント 92話ネタバレ画バレ&93話最新情報

      2016/11/14

リアルアカウント ネタバレ一覧はこちら

リアルアカウント 92話ネタバレ93話最新 画バレ確定最新話

・リアルアカウント92話確定ネタバレ画バレ
・93話ネタバレ画バレはこちら

前回

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-12-13-13

アイジを撃破したユウマ!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-12-33-16

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-12-33-42

あやめが生きていた!

あやめ「いやーそれがね、私にも何が起きたかよくわからないんだ。確かに充電は0になったはずなのに・・今はこんなに増えている・・一体何で?」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-12-36-35

ユウマ「何も恥ずかしくねーよ ただの本心だ。よく生きてたな・・あやめ」

しかし、その様子は全プレーヤーに垂れ流しに!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-12-45-46

・リアルアカウント 91話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

リアルアカウント 92話 ネタバレ 最新 確定

倒れているアイジ

そこにハエがブーンと寄ってくる。

そこに少女が近寄る

??
「ねえ」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-12-23-56-53

アイジ
「うるせえ」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-12-23-58-44

アイジ
「絶命寸前 三途にドボン 超ウルトラ級
エクストリームエクスタシーの余韻に浸ってんだからね・・・
弟の次はアニキにイカされちまったよ・・
兄弟丼いただきました・・!!」

アイジの充電が4%になっている。

サヤカ
「まったく・・相変わらずのスリルマニアっぷりね
私がギリギリで充電分けてあげなきゃ
アイジちゃんマジで死んじゃってたんだぞ?」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-0-03-50

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-0-04-15

アイジ
「だって・・アタルは選んだ”究極の選択”を選びぬいたんだからね・・」

サヤカ
「・・うん・・」

アイジ
「ところでサヤカちゃん、代えのパンツとか、持ってねえ?」

サヤカ
「・・・」

ユウマたち

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-0-08-37

ユウマ
「あ、ドヤネズミ」

あやめ
「誤魔化さなーい」ドヤネズミ取りすぎでしょ・・

ユウマ
「認めるよ!ノープランでした!だが蔵科なら」

蔵科
「次のゲームで僕は君を殺す」

ユウマ
「いずれ向こうから来るはず」

ゆうな
「・・・・」

その時二人のお腹がなる

グゥゥ〜〜〜

ユウマ
「・・とりあえずは飯だな・・」

ゆうな
「あはは・・私も昨日から食べてないし、寝てないしフラフラ・・」思いつめてたから
「はっ てかこのゲームご飯は!?まさか3日間飲まず食わずってんじゃ・・
やべ〜〜〜」

その時、ユウマはイマリ、ゆうなはチホから着信が入る

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-0-15-36

2時間前 渋谷

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-0-16-19

「一行目は渋谷を表している・・
二行目からは詳しい場所のはず
一体渋谷のどこなんだ・・!?」

考えるも、頭が2オーバーヒートを起こす2人

イマリ
「くっそ・・どうする。今から他のなぞなぞに切り替えるか・・・
それとも地道にリアスポットめぐるか」

ちほ
「ダメです!」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-0-19-15

イマリ
「・・・!」

ちほ
「次のアイテム供給タイムの18時!
それまでに・・隠しリアスポットを見つけ出すんです!」

イマリ
「・・確かにその通りだ!
わり・・さっき自分で気合い入れといて・・」

ちほ
「イマリちゃ・・さん!私たちならたどり着けます!」

イマリ
「よし!ちほさん後ろ向け!!」

ちほ
「はいっ!・・・えっ?」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-0-22-48

イマリ
「さあ!!閃け〜!!」

野次馬ができ始める

ちほ
「ちがっ・・それはミツルくんが勝手に・・ん♡
あっ・・やっ、イマリちゃ・・さん人目が・・!!」

イマリ
「気にすんな!目をつぶって集中しろ!!
猿に囲まれてると思えばいい!」

ちほ
「・・っっ むッムリですよ!だってあの人たち・・」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-0-26-49

イマリ
「ちほさん・・それだよ!!」

ちほ
「へ・・?」

イマリ
「別の国の言葉が日本語に置き換わってたんだ・・!
なんで気づかなかったんだ・・・
渋谷といえば・・あの卵ぐちゃぐちゃの場所」

JR渋谷駅前スクランブル交差点!!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-0-29-16

そして指をさす!

あれだ!「渋谷ヒカリエへ」!!

イマリ
「ヒカリエの由来は”光へ”
ロゴマークの下が欠けてるのは光が昇ってくるイメージ
・・つまり朝日を表現してるんだ」

走る二人!時刻は17:56!

その時ちほがつまずき足を怪我する

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-0-32-09

ちほ
「そ・・それで最後の一文
”太陽から空を眺めてる”っていうのは?」

イマリ
「さっきググってたら見つけた!
あるんだよ・・”太陽”の中に・・”空”がな!」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-0-34-08

イマリ
「!これは・・!
展望台のガラスに王冠のシールが・・?あっ!!」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-0-35-24

時間は17:59!急いで供給の準備をする二人!

そして現在

ゆうな
「ええ!じゃ私が充電0になったのに生きてたのってちほちゃんが・・!?」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-0-35-49

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-0-37-55

ユウマ
「お前らな!!教えといてくれりゃあんな”究極の選択”なんてしなくても・・」

チマリ
「・・俺も見たかったんだよ
向井・・あんたが『どっち』を選ぶのかをな」

ユウマ
「・・・!」

チマリ
「もちろんあんたが死ぬなんて許さなかったが・・
もし簡単に上条あやめ見捨てちまったなら・・・
その場合も・・俺はあんたを”推し変”してたかもしんねー」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-0-43-55

ちほ
「・・私が『身がわり電池』送ったこと伝えてなかったのは
命のストックあるからって無茶なプレイをして欲しくなかったからなんですが
どのみち無茶しちゃったみたいですね・・」

ゆうな
「あ・・いやーははは・・・」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-0-47-00

「今回は結果オーライでしたけど・・もう二度と・・
自分で死を選ぶなんてバカな真似はやめてください・・!」

ゆうな
「ち・・ちほちゃん・・」

ちほ
「巻きぞえ死が嫌だからじゃありません・・
あやめさんと・・一緒に行きたいから
大切な人だから・・です
だから・・もう二度と・・」

涙を流しながら話すちほ

ゆうな
「・・・うん、ちほちゃん、もうしないよ」

ユウマ
「・・これだけはいっとかなきゃみたいだな・・」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-0-55-41

ユウマ
「ゴホン・・そりゃそうと
てことはだ、俺にもイマリちゃんがゲットしたレアアイテムが送られたってことだよな!?」

イマリ
「ああ・・アイテム履歴から確認できる
そうだよ・・でもそれが」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-1-01-06

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-1-04-29

次号、あやめ大ピンチ♡

以下リアルアカウント ネタバレ 93話 に続く



リアルアカウント 93話 ネタバレ情報まとめ

・93話ネタバレ画バレはこちら

絆を守り、伝説となれ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-12-50-43

イマリサイド

充電がほぼか空っぽのイマリたち。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-12-50-57

打開策を閃かせるため、
おっぱいを揉まれるちほ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-12-51-07

モミモミ

ユウマたち

ユウマたちは順調にアイテムをかき集めまくる。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-12-51-38

・93話ネタバレ画バレはこちら

リアルアカウント ネタバレ一覧はこちら

 - リアルアカウント