漫画ネタバレ画バレ│漫画王

ワンピース・東京グール・進撃の巨人・ハンターハンター・バキ道など人気マンガ・おすすめマンガの確定ネタバレ・伏線考察・ランキング・画バレ・感想・展開予想・議論・名言など!最新情報随時更新中!「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

mangaou

ドメスティックな彼女 127話ネタバレ画バレ&128話最新情報

      2017/02/07

ドメスティックな彼女 ネタバレ一覧はこちら

ドメスティックな彼女 127話ネタバレ128話最新 ドメスティックな彼女 127話画バレ128話画バレ確定最新話

・ドメスティックな彼女127話確定ネタバレ画バレ
・128話ネタバレ画バレはこちら

前回

一緒にお風呂に入った夏生とルイ。

スクリーンショット 2017-01-25 2.24.53

そして夜は勿論、

夏生「それは俺も読んだことある。ついでに裸のほうがよりあったかくなるって」

スクリーンショット 2017-01-25 2.44.43

しかし翌朝問題発生!

スクリーンショット 2017-01-25 3.01.48

ルイの様子を見に行く夏生だが、そこにはルイの置手紙が!

スクリーンショット 2017-01-25 3.04.24

・ドメスティックな彼女 126話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

おばあさん
「よし、わかった!あんたたち二人で風呂掃除・・・・・

スクリーンショット 2017-01-31 12.11.21


ドメスティックな彼女 127話 ネタバレ 最新 確定

スクリーンショット 2017-01-31 22.28.14

いきなり一人で宿を飛び出していくルイを見つけて
慌てて引き留めにいく夏生・・・

夏生
「おい!
どこに行くんだよ!何も声かけないで出て行くとか・・・!
台所にあった置手紙・・・何だよあれ!急ぐってどこに・・・」

そんな夏生の問いかけにもルイは俯いたままで

ルイ
「先に帰る」

と言うだけ・・・

夏生
「なんで!」

すぐにそう問いかける夏生にルイは

ルイ
「重い女は消えるから・・・
気にせず残りの旅行楽しめばいいよ」

夏生
「重・・・は?
何言ってんだよ急に!
ワケわかんねーぞ!」

しかし、ルイは夏生の顔を見てくれず、背を向けたまま

ルイ
「さっき中庭でおじいさんとそういう話してたじゃん」

ぎく・・・

凍り付く夏生・・・

ルイ
「重い女だからこれから大変じゃないかって」

夏生
「いやいや」

ルイ
「あんた「そうですかねー」とか言ってたし」

夏生
「いやいやいやいや・・・」

必死に宥める夏生・・・それはもう汗だくで・・・

夏生
「それはほら・・・じいさんがからかっただけでさ・・・
それにマジギレすんのも変じゃんか・・・俺もその後フォローしたし」

と夏生に背を向けていたルイの正面に回る夏生・・・
やっとルイの顔を覗き込むとなんとルイは号泣していて・・・

夏生
「! ル ルイ・・・!そんな泣くようなことじゃ・・・!」

ルイ
「どうしていいかわからない」

スクリーンショット 2017-01-31 12.10.53

ルイ
「めんどくさいって思われたくないの
でもお腹にしまいこんで我慢して笑えない」

スクリーンショット 2017-01-31 12.11.04

ルイ
「困らせたいわけじゃないのに
この先ら割れるくらいなら
いっそ別れたほうがいい!」

夏生
「そんなこと言うなって〜
面倒くさいなんて思ってないからさ〜」

困惑する夏生。

そこに現れる、宿のおばあさん

おばあさん
「おろ?どうしたんだぁ?そったどごでおっきい声出して」

改めて家に戻ったルイと夏生・・・

事情を聴いたスミばあちゃんは問題の原因を作った爺さんをげんこつの折檻で窘めて・・

スミ
「なんぼアホな爺様だ!余計なこと言って!」

たんこぶを痛そうになでながら

爺さん
「だはんでワリかったって~
いやぁあんま仲っこいいはんでよ・・・
ちょこーっと水差したくなったつーか」
と拗ねる爺様ですが、華麗にスミに無視されて・・・

いつも誘うのは自分から、
自分の気持ちが一方的すぎて重いんじゃないかと日頃から考え込んでいたようです。

スミは夏生に向かって

スミ
「ワリしたなぁ・・・こったはんかくせぇ爺様で・・・」

和やかになりそうな雰囲気でしたが、ルイが口を開きます。

ルイ
「でも・・自分も思っていたことではあったんです・・・
元々好きになったのはあたしからだし・・・
あたしの気持ちばかりが強いんじゃないかって・・・」

夏生
「そんなこと・・・」

ルイ
「誘う時って大体私からだし
初デートも何度もせがんでやっとだったし
昨日のお風呂も、夜も。

付き合ってから初めてしたときだって
あんたが根負けした形で・・・」

夏生
「わーー!!」

おばあちゃん
「難しいなぁ
『好き』の比重なんてのは五分五分っつうのはまずねえし
いつの世にも恋人たちを悩ませる原因だはんでな・・」

夏生
「あれ、おばあさん急に社会派」

おばあさん
「よし、わかった!
あんたたち二人で風呂掃除してけろ!」

スクリーンショット 2017-01-31 12.11.21
夏生
「風呂掃除?あのすみません俺ら・・・
これから観光したいところもあって」

スミ
「そったもんまた来た時行げばいいべや・・・
それに彼女拗ねたままだば遊びに行っても面白くねーべ?さぁあ始めよ」

と強引に押し切られてしまう夏生・・・

シャコシャコ

モップをかける夏生たち・・・

スクリーンショット 2017-01-31 22.30.41

夏生
「内風呂だけでいいとは言われたけど結構かかりそうだな・・・
コレ・・・新幹線の時間には間に合わせねーと」

ルイ
「ごめん」

夏生
「あ、いや・・・」

ルイ
「お詫びに昨夜寝言で「その大根はエロすぎでしょ」って言ってたこと誰にも言わないから」

夏生
「お前謝るか脅すかどっちかにしろよ」

ルイ
「こんなんが彼女じゃなかったらもっと楽しい旅行だったのにね」

”あたしの気持ちばかりが強いんじゃないかって・・・”

お風呂掃除をしながら、
昔付き合っていた陽菜(ルイの姉)のことを思い出す夏生。

陽菜と付き合い始めのとき・・・

夏生
「週末止まってもいいですか?」

陽菜
「え?」

スクリーンショット 2017-01-31 12.36.15

「どうしたの急に・・・
帰らなきゃみんな心配するよ?」

夏生
「フミヤんち泊まるって言えばいいんで」

スクリーンショット 2017-01-31 12.12.05

ルイの時とは違い、
ヒナが彼女だった時は恋愛に積極的でした。

義兄弟で、
しかも学校の教師であったヒナは立場上恋愛に積極的になれなかった。

夏生
「ダメ?」

陽菜
「今は・・桐谷先生の怪文書のこともあるし
疑われそうなことは避けた方がいいと思うんだ・・」

夏生
「いや・・泊まるって言っても
多々長く一緒にいたいってだけで・・・」

陽菜
「それでも・・・ただでさえ周りが敏感になっている時期なの・・夏生くんの気持ちは嬉しいけど・・・ね?」

夏生「わかりました・・・」

回想終了

今思えば大人として色々教えてくれていたんだと思うけど…あの時は

想いが一方通行な気がして辛かった・・・今はルイが・・・

黙々と風呂掃除をするルイの背中を見つめる夏生・・・

夏生
「俺は・・・あんまり気が利く人間じゃないから・・・
ルイが望むようなふるまいは出来ないかもしれない・・・
それで不満に思わせているなら申し訳ないけど・・・

ルイの気持ち重いなんて思った事一度もないから・・・

それだけはわかってほしい・・・」

ルイ
「正直怖いの・・・好きな人出来たのも初めてなら、
受け入れてもらったのも初めてだから・・・これからもっと好きになって・・・

どんどん気持ちが大きくなっていったらどうしようって・・・

束縛なんてしたくないから・・・
もっと苦しくなってくかもって・・・
思うと耐えられる自信ない・・・

前にアリスって人のカレシ役やった時だって、
胸が押しつぶされそうで・・・!」

そのルイの発言を聞いて(///pωq///)な夏生は・・・

夏生
「それなら解決方法がある!ちょっと待ってて」
といきなり走り出して風呂から出て行きます。

ルイ「・・・」

夏生
「ルイ!おまたせっ・・・」
とつるって滑ってこけてしまうお約束をかます夏生・・・

ふぐ・・ドシャ

ルイ
「夏生!大丈夫?」

夏生
「あだだ・・・腰やば・・・でもこれが無事ならいいんだ・・はいコレ」とルイに差し出したものは・・・

ペアの腕時計

スクリーンショット 2017-01-31 22.15.59

ルイ
「ペアウォッチ・・・?」

夏生
「今日渡そうと思ってたクリスマスプレゼント・・・」

ルイ
「・・・・っ」

夏生
「ルイの不安や不満を解消する方法は一つ・・・俺を信じてくれることだ!腕貸して」

そう言ってルイの腕に時計をつける夏生・・・

夏生
「これを選んだのは・・・
同じこの時計をつけて一緒の時間を過ごしていきたいと思ったから・・・
これからもっとルイの気持ちが大きくなっても・・

それを満たすくらいずっと一緒にいればいいだろ?
俺はそうできたらと思ってるよ」

スクリーンショット 2017-01-31 22.16.06

そこで顔を真っ赤にしたルイも走り出します。

ルイ
「待ってて!あたしも」

そして戻ってきたルイ・・・

ルイ「あたしも持っ」ここでお約束のズルッとすべる展開で

夏生「危ない」夏生はルイを庇って下敷きに・・・

スクリーンショット 2017-01-31 22.16.39

ルイ「うわわ・・・ごめん」

夏生「俺がスッ転んだの見てたろー?気を付けねーと」

気を取り直して

ルイ
「あたしも用意してたの!プレゼント!
小説用の万年筆!
これからもいい作品沢山書けるようにって・・・」

スクリーンショット 2017-01-31 22.16.51

思いがけないプレゼントをもらった夏生は思わずルイを抱きしめてしまいます。

夏生
「ありがとう!むちゃくちゃ嬉しい!受験開けたらすぐに使うよ!」

ルイ
「あたしも今日からさっそくつける」

見つめ合う二人・・・

そしてゆっくり唇を重ねようとしたところで

カシャ―カシャ―

となぜかシャッター音が・・・

!!!

風呂の入り口を見てみると・・・

スミ
「うまぐいったみてーだなぁ」

爺様
「わい・・・シャッター音消すの忘れた~」

スミ
「もう一泊していくか?布団しくど?」

夏生、ルイ
「しません!」

スミ
「いやーよがったなぁ・・・帰る前に仲直りしてぇ・・・
どうすこともできねぇことで悩んだら、
体動かすのが一番だぁ・・・
一緒に動いて働けば頭の血が下がって相手のことも思いやれるしの・・・

単純だけんど・・・これが円満の秘訣だぁ~」

そしてスミ夫妻と別れ新幹線に乗り込む夏生とルイ・・・

スクリーンショット 2017-01-31 22.16.59

帰りの新幹線で・・・

ルイ
「なんか色々あったけど楽しかったぁ・・・
夏生は目的だった太宰のとこ行けなくて残念だっただろーけど・・・」

夏生
「いいよ・・目的はルイとクリスマス旅行楽しむことだし・・・それに」

とルイの袖をくいくい引っ張る夏生・・・

ルイが夏生に顔を向けると

ちゅ

と夏生がルイにキスをします。

スクリーンショット 2017-01-31 22.17.11

夏生
「またチャンス見つけて二人で行ければいい話だろ?」

夏生の話を浮かれたような表情で聞いてるルイ・・・

ルイ
「旅行の最後にわがまま言っていい?もう一回」

夏生
「はいはい」といってちゅ・・・

ルイ
「もう一回」

夏生
「まさか着くまで続ける気か?」

以下ドメスティックな彼女 ネタバレ 128話 に続く



ドメスティックな彼女 128話 ネタバレ情報まとめ

・128話ネタバレ画バレはこちら

クリスマスも終わり、世間は年越しムード!

年越しに向けて買い物をしている陽菜。

思いにふけっている。

夏生の家

夏生も大掃除に追われているものの、
みんな夏生の部屋にエロ本を隠してくれるようにお願いに来る。

スクリーンショット 2017-02-07 1.05.02

スクリーンショット 2017-02-07 1.13.51

夏生
「こうなったら背に腹は変えられん」

そう言って、招集をかける。

ピンポーン

夏生
「・・・君たちに来てもらったのは他でもない
同志諸君」

スクリーンショット 2017-02-07 1.15.57

夏生
「それに関しては今置いといて
ちょっと君たちに頼みたいことがあってね」

『頼みたいこと?』

・128話ネタバレ画バレはこちら

ドメスティックな彼女 ネタバレ一覧はこちら

 - ドメスティックな彼女