漫画ネタバレ画バレ│漫画王

ワンピース・東京グール・進撃の巨人・ハンターハンター・バキ道など人気マンガ・おすすめマンガの確定ネタバレ・伏線考察・ランキング・画バレ・感想・展開予想・議論・名言など!最新情報随時更新中!「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

mangaou

ゆらぎ荘の幽奈さん 39話ネタバレ画バレ&40話最新情報

      2016/11/21

ゆらぎ荘の幽奈さん ネタバレ一覧はこちら

ゆらぎ荘の幽奈さん 39話ネタバレ40話最新 ゆらぎ荘の幽奈さん 39話画バレ40話画バレ確定最新話

・ゆらぎ荘の幽奈さん39話確定ネタバレ画バレ
・40話ネタバレ画バレはこちら

前回は瞬間移動しまくりのコガラシ!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-01-10

幽奈「ふえ・・?」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-00-51

雲雀「雲雀が・・!雲雀が絶対コガラシくんをまっとーな道に戻して見せるんだからぁぁー!」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-00-36

・ゆらぎ荘の幽奈さん 38話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

こゆず
「恥ずかしいコスになっちゃえ~!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a315

ゆらぎ荘の幽奈さん 39話 ネタバレ 最新 確定

本日はハロウィン

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ゆらぎ荘は飾り付けされハロウィン仕様になっており、
招かれたらしい兵藤、うらら、芹はそれぞれ仮装してゆらぎ荘を訪れる

うらら
「ここがゆらぎ荘か・・・!
はぁ~・・・飾りつけえらい凝っとるな~」

兵藤
「いいね~楽し気な雰囲気じゃ~ん?」


「ハメ外し過ぎんなよ兵藤!」

ゆらぎ荘に入ると

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

千紗希
「ハッピーハロウィン!」

うらら
「おじゃまするで~!」

兵藤
「うおお皆コス似合ってんな~!」

千紗希
「ありがと!あがってあがって!」

ゆらぎ荘

ゆらぎ荘ではこの日 こゆずのたっての希望によりハロウィンパーティが開催されていた

大広間へ移動し

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

幽奈
「いらっしゃいませ~!」

コガラシ
「よく来たな兵藤!浦方と柳沢も!」

うらら
「おお~コスといい料理といいみんな本格的や~ん!」

千紗希
「料理はあたしと仲居さんのお手製だよ!」

仲居
「おかげさまで洋食のレパートリーが増えました~」

芹かな
「流石だな~千紗希!」

兵藤
(すっ・・スゲー!可愛い子ばっかじゃねーか!!
冬空の野郎なんて桃源郷に住んでやがんだ・・!?
こんなもんハメ外すなってほうが無理だろー!?)

兵藤
「ほんと・・冬空の友達やっててよかったぜ・・・!」

コガラシ
「おまえのそういう素直な所キライじゃないぜ・・・兵藤!」


「ったく読んでくれりゃ手伝ったのに!」

うらら
「せやで!こんだけ飾りつけるんは大変やったろ~?」

幽奈
「いえ全然・・・こゆずさんが一瞬でやってくれましたので!」

兵藤
「一瞬で・・?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

幽奈
「あそこの魔法少女の子が化け狸さんなんです~!」

兵藤
「化け狸!?」

幽奈
「兵藤さんたちは初対面でしたね」

コガラシ
「じゃあゆらぎ荘のメンツ紹介すっか!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

コガラシ
「この悪魔の人が鬼の末裔呑子先生」

呑子
「呑子先生でぇ~す!」

兵藤
「ん・・?鬼なの?悪魔なの?」

コガラシ
「こっちの狼男が猫神憑きの夜々」

夜々
「がお・・」

兵藤
「狼なの?猫なの?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

仲居
「ようこそゆらぎ荘へ!」

コガラシ
「そしてこちらの赤ずきんちゃんが座敷童子の仲居さんだ!」

兵藤
「さっきからややこしいんだけど!!」


「こゆずよ、この衣装・・・
もう少々露出を増やせないだろうか?」

こゆず
「いいよ!」

変化させ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36

兵藤
「!?」


「・・・ふむ、感謝する・・・こゆず。
冬空・・ちょっといいか?」

コガラシ
「おわっ!?なんだ朧その格好!?」

兵藤
(なんだ今の!?服が一瞬で・・!?
あのこゆずって子・・化け狸だって言ってたな。
今のが変化の術ってわけか・・・!
こりゃあぜひお友達に・・・!)

兵藤
「なぁなぁこゆずちゃん?ちょっといいか?」

みんなから少し離れ2人だけで話す

兵藤
「・・・っつーわけでな?
ハロウィンってのは子供が大人にお菓子くれなきゃ悪戯するぞ!
って言って周るのが古くからの習わしなわけなんだわ!」

こゆず
「うん!ボク聞いたことある!」

兵藤
「お~そうかそうか!物知りだな~!
でな?実は最近はお菓子をねだるんじゃなくて・・
もっと無茶なお願いをするってのが最近の流行りなんだ・・・!」

こゆず
「そうなの?なんで?」

兵藤
「そのほうがパーティが盛り上がるだろ~?」

こゆず
「ふ~ん・・そうかも!
ムチャなお願いってどんなの?」

兵藤
「フツーできないことなら何でもいいさ!」

こゆず
「ふんふん」

兵藤
「そんでお願いきいてくれなかったら・・
下着姿でも水着でもなんでもいい!
恥ずかしいコスに変化させるんだ・・・!!」

こゆず
「!なんで恥ずかしいコスなの?」

兵藤
「普通のコスじゃイタズラにならないだろ~?」

こゆず
「そっか!」

兵藤
「よし!じゃあ行ってこい!」

こゆず
「うん!」

そして

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a38

こゆず
「手品見せなきゃイタズラするぞー!」

兵藤
(男に行ってどうするー!!)

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a39

コガラシ
「こんなもんでどうだ?」

こゆず
「うわっ!?すごい!!」

兵藤
(できてるし!!)

幽奈
「さっ・・・さささすが過ぎますコガラシさん!!」

コガラシ
「奇術師の霊に昔取り憑かれたことがあってな」

千紗希かな
「なにソレマジック!?」

雲雀かな
「もっと見せてよ!」

こゆず
「ホントに盛り上がった・・・!
よ~し!みんな~!
おっぱい見せなきゃイタズラするぞー!」

兵藤
(なにぃぃぃ!?
どっちに転んでも美味しいじゃねぇか・・!
こゆずちゃん・・君は期待以上の逸材だ!!)

千紗希
「も~こんなトコで見せれるわけないじゃん!」

幽奈
「こっコガラシさんに目隠しすれば・・」

雲雀
「ムリだってば!!」

こゆず
「え~?じゃあイタズラしちゃうからねー!」

兵藤
(よしよし・・おっぱいは残念だけど、これでエロコスを・・・!)

呑子
「あれぇ?兵藤くんだっけぇ?こんなとこ隠れて何やってんのぉ~?」

兵藤
「え!?いやその・・・」

呑子
「包帯なんか巻いちゃって・・・あ!
ミイラのコスプレねぇ?」

兵藤
「いやゾンビなんすけど・・・」

呑子
「ミイラならもっともっと包帯巻かなきゃあ~!」

こゆず
「恥ずかしいコスになっちゃえ~!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a310

コガラシ
「な!?」

千紗希(雲雀かも)
「きゃぁぁ!!なにコレほとんどハダカじゃん!」

兵藤
(ほとんどハダカだとぉう!?)

呑子
「ほらほらもっと巻いたげるからぁこっちこっちぃ~」

兵藤
「え!?あのちょっ・・・
(なにこのお姉さんすげえ馬鹿力なんだけど!?)」

ほとんどハダカの2人を見ることなく兵藤は呑子に引きずられていく

そして多少時間がたち

こゆず
「ごっ、ごめんね千紗希ちゃん・・!」

千紗希
「も~・・そんなに怒ってないってこゆずちゃん!」

雲雀
「でもなんであんなイタズラしたの?」

そのころ解放された兵藤が戻ってくるも

兵藤
「元のコスに戻ってるし・・・」

コガラシ
「おう兵藤、どこ行ってたんだ?」

こゆず
「だって・・こうしたらパーティーが盛り上がるって聞いたから・・・」

千紗希
「え・・誰に聞いたのそんなことー?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a311

こゆず
「ヒョードーくん」

 

クナイや手裏剣でぼこぼこにされた後、再びパーティ再開

コガラシ
「おい兵藤!こゆずに妙なイタズラ教えるなよな」

兵藤
「堅いこと言うなよ冬空~!
オレはあくまでパーティーを盛り上げるためにだな・・」

コガラシ
「ったく・・・こゆずもあれで立派な妖怪だから気を付けろよ?
俺も前にボディーソープに変化させられたことがあってな・・」

兵藤
「!?」

コガラシ
「あん時はマジで死ぬかと思ったもんだ」

兵藤
「ボディー・・・ソープ・・・!?」

そしてまたちょっと離れこゆずと話す兵藤君

兵藤
「じゃっじゃあやっぱり・・!?」

こゆず
「うん!石や水に変化しても周りの様子はちゃんと見えるよ!」

兵藤
「なんてこった・・!
(じゃあ冬空の野郎はボディーソープになってまんまと露天風呂に居座り、
あんな美女たちのバスタイムを覗きやがったってコトか・・!!
あのやろう・・あのやろうぉぉぉう!!)」

兵藤
「ごくり・・・・あ~・・・あのな、こゆずちゃん?
よければオレをその・・ボディーソープ・・に変化させてくれないか・・?」

こゆず
「ボディーソープに?どうして??」

兵藤
「そりゃあその・・そう!
実はとっておきのサプライズの秘策があるのさ!
パーティーが盛り上がるコト間違いなしの!!」

こゆず
「さぷらいず!よくわかんないけどわかったよ」

すぐに葉っぱを乗せボディーソープに

兵藤
「ちょっ・・ここじゃなくて風呂場で・・!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a312

兵藤
(ってうおおお!?)

こゆず
「じゃあサプライズがんばってね!」

兵藤
(あっ・・・おい待ってくれ!
なにコレ動けねーんだけど!?
おーい!聞こえねーのぉぉ!?
や・・やべぇどうすりゃいいんだコレ・・!?)

仲居
「あら・・?何故こんなところに・・・?」

兵藤
(!!仲居ちゃん・・!?)

兵藤ボディーソープを手にとる仲居さん

兵藤
(!よ・・・よし!このまま風呂まで運んでもらえれば・・・!)

しかし運ばれた先は

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a313

兵藤
(ん・・?ま・・待ってくれぇぇぇ!!)

そしてパーティーは終わりに近づき

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a314

幽奈
「・・寝ちゃいましたね、こゆずさん」

コガラシ
「すげーハシャイでたからな~」


「ではそろそろお開きかな」

呑子
「えぇ~夜はまだまだこれからよぉ~?」

夜々
「がうがう」

千紗希
「すみません明日学校なので・・・」

うらら
「後片付けはウチらに任せてもらおか!」

仲居
「助かります~」


「兵藤の奴はどこ行ったんだ・・?」

雲雀
「兵藤くん・・もしかして雲雀やりすぎちゃったかな・・・?」

狭霧
「いやあの程度でめげる男とも・・・」

コガラシ
「こゆずは部屋まで運んでやるか」

こゆず
「おっぱい見へなきゃイタズラすゆろー・・・」

幽奈
「はいはいもう寝る時間ですよ~」

こゆず
「む・・見へてくえないならイタズラしひょうからね~・・・!」

寝惚けているこゆずから複数の葉っぱが放たれ部屋を飛び交う

誰が言ったかわからず
「!?何この煙・・!?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a315

うらら
「!?なんやコレ」


「コスが・・!?」

狭霧
「く・・・っ」

コガラシ
「こっこゆずの奴何を・・・!?」

こゆずの術で部屋が煙に満たされているため、
コガラシが煙を払うような動作をしていると

幽奈
「ひゃ・・・!?」

コガラシ
「ん?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a316

幽奈
「・・・・・・っ、いやあああ!!」

ポルターガイストでふっ飛ばされていくコガラシ

コガラシ
「すまーん!!」

飛んで行った先は

雲雀
「え・・・ッ!?うきゃぁ!?」

千紗希かな
「わわっ!?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a317
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a318

全員
「!?」

女性キャラ達
「きゃぁぁぁぁ!!」

翌日の夜憔悴しきった兵藤が倉庫の中にて発見されたという

以下ゆらぎ荘の幽奈さん ネタバレ 40話 に続く



ゆらぎ荘の幽奈さん 40話 ネタバレ情報まとめ

・40話ネタバレ画バレはこちら

コガラシ、幽奈、こゆず

コガラシ、幽奈、こゆずの3人で買い物帰りってとこから

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

こゆず
「ハロウエィンパーティ楽しかったね~!
次にあんなパーティできるのっていつかな?
誰かのお誕生日とかかな?」

コガラシ
「そういやみんなの誕生日って知らないな」

こゆず
「ボクは4月6日生まれだよ!コガラシくんは?」

コガラシ
「一月だな」

幽奈
「年明けですか~。コガラシさん!
お誕生日プレゼントはなにがいいですか?」

こゆず
「そんなの決まってるよ!幽奈ちゃん自身をプレゼントだよ!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

幽奈
「わたしを!?」

コガラシ
「また呑子先生の部屋で変な本読んだなこゆず・・」

こゆず
「幽奈ちゃんのお誕生日はいつなの?」

幽奈
「わたしの誕生日・・・ですか?すみません、
わからないんです。生前のコトは覚えてませんので・・・」

こゆず
「そうなんだ~・・・」

すると店のショーケースに可愛い人形が飾られており

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

幽奈
「うわ~!か・・可愛いですぅ・・・!」

こゆず
「幽奈ちゃんはどの子が好き?」

幽奈
「そうですね、わたしは大きなうさぎさんが・・あっでもリスさんも・・・!
うぅ・・・行きましょう!見ると辛いだけです!
買うお金も飾る場所もありませんからね・・!」

こゆず
「千紗希ちゃんみたいにお部屋に飾ればいいじゃん!」

コガラシ
「勘弁してくれ」

こゆず
「そういえば二人の部屋って何もないよね」

コガラシ
「金がないんでな・・・」

こゆず
「ふ~ん・・幽奈ちゃんなんて何年も住んでるのに」

コガラシ
「そういや・・幽奈の私物とかって無いのか?」

幽奈
「もっ勿論です!正式な住人じゃないですから。
そんなもの置くわけには・・・!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

コガラシその言葉を気に留めたであろう表情をした後日の放課後

兵藤
「はぁ~・・・来週は中間テストか~・・・」

雲雀
「ね・・ねぇコガラシくん!
このあと一緒にテスト勉強しない?」

コガラシ
「わるい雲雀!この後バイトあるんだ。
また今度な!」

雲雀
「え?」

兵藤
「余裕だなーアイツ」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

 雲雀
「そんなぁ・・・」

千紗希
「じゃああたしとやろっか雲雀ちゃん!」

・40話ネタバレ画バレはこちら

ゆらぎ荘の幽奈さん ネタバレ一覧はこちら

 - ゆらぎ荘の幽奈さん