漫画ネタバレ画バレ│漫画王

ワンピース・東京グール・進撃の巨人・ハンターハンター・バキ道など人気マンガ・おすすめマンガの確定ネタバレ・伏線考察・ランキング・画バレ・感想・展開予想・議論・名言など!最新情報随時更新中!「お前は漫画王に絶対なるっ‼︎」

mangaou

ゆらぎ荘の幽奈さん 38話ネタバレ画バレ&39話最新情報

      2016/11/14

ゆらぎ荘の幽奈さん ネタバレ一覧はこちら

ゆらぎ荘の幽奈さん 38話ネタバレ39話最新 ゆらぎ荘の幽奈さん 38話画バレ39話画バレ確定最新話

・ゆらぎ荘の幽奈さん38話確定ネタバレ画バレ
・ 39話ネタバレ画バレはこちら

前回は、

朧(うむ・・いいぞ、冬空の鼓動が聞こえる・・・振れている部分が熱い・・・だが・・なんだ?何かが・・物足りない・・!)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-21-04-35

朧(まだだ・・もっと密着しよう。もっと絡みあおう・・!もっと・・・!)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-21-04-23

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-21-04-13

狭霧「ああ・・いい察しは付く。諌めるべきは・・・朧!コレは一体どういうことだ!?」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-21-04-06

朧「ハ・・・ッ!う・・うむ、そうだな、今日の所は存外・・有意義な成果をあげられたと言っていいだろう・・!ではさらばだ」

・ゆらぎ荘の幽奈さん 37話ネタバレ画バレはこちら

そして今回は!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-00-51

幽奈
「ふえ・・?」

ゆらぎ荘の幽奈さん 38話 ネタバレ 最新 確定

朧騒動の翌日

千紗希
「昨日は大変だったよね~・・」


「昨日の眼帯美人・・・朧だっけ?学校中で暴れまわってたらしいな」

千紗希
「朧さんて本当我が道を行くよね・・」

兵藤
「幽奈ちゃんといい雨野といい・・・冬空、
オマエの下宿のゆらぎ荘って・・一体どんなとこなんだ??」

コガラシ
「まぁ妙な所ではあるな・・・!」

そこに前回と同じ流れで

「おっおい冬空!またすげー可愛い女子がオマエのこと探してるぞ!?」

兵藤
「まさかまたゆらぎ荘の・・・!?」

幽奈
「だっ誰でしょう?」

コガラシ
「夜々?いや呑子先生・・!?」

先生
「ほら席着け~、転校生を紹介するぞ~」

「転校生!?」

入って来たのは

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-03-20

雲雀
「雨野雲雀です!3組の狭霧ちゃんとは従妹です!
よろしくお願いします!」

コガラシ「ひ・・雲雀!?」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-03-05

雲雀「よろしくねコガラシくん!」

その後はばっさりカットされゆらぎ荘へ飛ぶ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-02-58

狭霧
「・・・というわけで私の従妹の雲雀だ」

雲雀
「よろしく~!」

こゆず
「ゆらぎ荘へようこそー!」

幽奈
「狭霧さんの従妹だなんて驚きました~!」

コガラシ
「まさか引っ越してくるとはな~!」

狭霧
「今日からゆらぎ荘に住むなど私も初耳だ!
まったく・・・何もかも急すぎる!」

雲雀
「ふふふ~、狭霧ちゃん驚かそうと思って!
でも実際思ってたよりずっと早く来れたの!
おばば様の後押しのおかげだけどね!」

狭霧
「おばば様の仕業か・・・」

狭霧(小声)
「雲雀!冬空コガラシを雨野家の婿になどという話はくれぐれも・・・!」

雲雀
「わかってるって~」

食事へ

雲雀
「わっこの天ぷら美味しい!」

コガラシ
「仲居さんの料理は絶品だぜ!」

幽奈
「ゆらぎ荘は仲居さんのお料理と露天風呂が名物なんですよ~!」

雲雀
「露天風呂!?」

こゆず
「露天風呂おっきいんだよ~!あとで一緒に入ろうよ雲雀ちゃん!」

雲雀
「うん!」

雲雀
(よかった~みんないい人そうで!
コガラシくんが女の子に囲まれてるのはちょっと気になるけど・・・)

その時

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-02-46

呑子
「あら~冷やしうどん?ありがたいわぁ。まだまだ残暑厳しいものねぇ~」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-02-36

雲雀
「!?(ちょ・・ちょっとなんなのこのおねーさん!?
なんて恰好・・男子もいるのに!!てかおっぱいでかっっ!!)」

コガラシ
「呑子先生!おつかれっす」

仲居
「すぐ御用意しますねー」

呑子
「お願いねぇ~!」

雲雀
(え!?スルー!?)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-02-26

狭霧
「呑子さん!こちら私の従妹の雲雀といって・・」

呑子
「あらぁ~!?」

雲雀
(あの狭霧ちゃんまでこともなげに・・・これってフツー!?)

雲雀
「よっ、よろしくお願いします・・・!」


「ふむ・・・新入りか?」

幽奈
「朧さん!」

雲雀
「雨野雲雀です!」


「雨野?というと・・・」

狭霧
「私の従妹なんだ」


「成程、言われてみれば顔つきが似ている」

と言いながら脱ぎ始める朧


「おまえも誅魔の忍なのか?」

雲雀
「あ・・・はい」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-02-16


「私は朧という。よろしく頼む」

コガラシ
「朧!食事中だぞ・・・!」

雲雀
(何やってんのこの人!?)

幽奈
「朧さんおかえりなさ~い」

こゆず
「今日はおうどんだよ朧ちゃん!」

狭霧もノーリアクション

雲雀
(これすらスルー!?ひ・・雲雀がおかしいのかな・・??
ていうかコガラシくんとどういう関係この人!?)

呑子
「ねぇねぇ雲雀ちゃん!雲雀ちゃんは何号室なのぉ?」

雲雀
「206号室です」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-02-08

狭霧
「六号室か、ウチの下の部屋だな」

雲雀
「狭霧ちゃんの下の部屋!?う・・・なんかむかつく・・・!
そうだ!コガラシくんは何号室なの?」

コガラシ
「俺か?俺と幽奈は四号室だ」

雲雀
「と!?」

幽奈
「わたし四号室の地縛霊でして・・」

コガラシ
「おかげで家賃が格安でな!」

雲雀
「え?え??」

雲雀
(じゃあ一緒に住んでるってコト!?いくら幽霊だからってそんな・・!
あ・・でもでも、狭霧ちゃんの時も同棲してるって思いこんじゃったりしたし?
雲雀が思ってるほど大した状況じゃないのかも・・・!?)

雲雀
「じゃっじゃあ部屋の中に間仕切りがあったり・・?」

幽奈
「いえ特には・・・」

コガラシ
「そういうのも試したけどさっぱり効果なくてな」

雲雀
「効果?」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-02-01

幽奈
「あの・・えと、わたしって寝相が悪くて目が覚めるといつもその・・
コガラシさんにハダカで抱きついちゃったりしてまして・・!」

雲雀
(ぶっちぎりで想像以上だったよーッ!!)

こゆず
「それでいつも幽奈ちゃん恥ずかしがっちゃって、
ポルターガイストでコガラシくんをふっ飛ばしちゃうんだよ!」

呑子
「最近じゃコガラシちゃんが川に落ちる水音で目が覚めるのよね~」

雲雀
「・・・・・・お・・・おかしいよ・・・!」

狭霧
「雲雀?」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-01-51

雲雀
「みんなえろすぎるよぉぉーッッ!」

狭霧
「雲雀!?」

自分の部屋

自分の部屋で狭霧相手に愚痴る雲雀

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-01-43

雲雀
「み・・・乱れてる・・!乱れ切ってるよぉぅ・・・!
狭霧ちゃんがいながらなんであんな有様に!?」

狭霧
「私としたことがすっかり慣れてしまっていたようだ・・面目ない」

雲雀
(しかも何!?みんなめちゃくちゃ可愛くない・・!?
誅魔の里じゃ狭霧ちゃんが一番の美人だったのに。
みんな狭霧ちゃんに負けないくらいに・・・!)

雲雀
(それに・・幽霊とはいえコガラシくんが女の子と同居してるなんて・・・)

雲雀
「雲雀・・ここでやっていける自信・・ない」

狭霧がどうしたもんかと息をついてると電話があり

狭霧
「あ・・あぁわかったすぐ行く!ちょっといいか雲雀?」

雲雀
「?」

露天風呂へ。

お風呂に飾り付けしてあり

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-01-37

雲雀
「わぁ~・・・キレイ・・・!」

幽奈
「雲雀さんの歓迎のしるしにアロマキャンドルを飾ってみたんです~!」

こゆず
「ボクも手伝ったんだよ!」

夜々
「夜々も」

雲雀
「みなさん・・・!」

コガラシ
(雲雀のヤツ今頃みんなと仲良くやれってかなー)

コガラシは飾り付けの手伝い+掃除をしていたのかお風呂の掃除用具をもっており、
ゆらぎ荘の入口近くを歩いているとチャイムがなり

「宅配便で~す!冬空コガラシさん?」

コガラシ
「そうっすけど・・・俺宛!?」

「ども~」

コガラシ
「差出人は・・雨野時雨?狭霧や雲雀の親戚か?なんで俺に・・?」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-01-30

すると受け取った箱の中でカッと光を放ち

どろんされるコガラシ

女風呂

一方の女の子たちは風呂に浸かっており

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-01-21

雲雀
「いい香りだしキレイだし・・最高だね!」

幽奈
「喜んでもらえて嬉しいです~!

呑子
「ゴメンねぇ雲雀ちゃん、たしかにコガラシちゃんがいるのにあの恰好はまずいわよね~」

雲雀
「いっいえ!雲雀は女子高育ちだから、そういうの気にし過ぎちゃうだけかもしれないですし・・・」

すると雲雀の上の空間に煙がぎゅるっ集まってきてどろんっ!とその場に解放される

雲雀
「ん?」

コガラシ
「おわぁ!?」

雲雀
「うきゃぁ!?」

狭霧
「な・・・何事だ!?」

雲雀が目を開けると

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-01-10

雲雀
「ったぁ~・・・!?」

コガラシ
「ひっ・・雲雀!?」

呑子
「あらあらぁ~」

幽奈
「コガラシさん!?」

煙に紛れて紙が落ちてきて、そこには
「引っ越し祝いじゃ、検討を祈る雲雀 おばばより」と書かれていた

狭霧
「今のは・・おばば様の転送術か!」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-00-59

雲雀
「う・・・うぅぅ・・・っうきゃあああ!!」

恥ずかしさで暴走手裏剣

コガラシ
「スマン雲雀ー!」

そして翌朝、204号室前でうろうろしている雲雀

雲雀
「・・・・」


「おはよう雨野の従妹よ、何をしている?」

雲雀
「あっ!おっおはようございます!
そ・・そのきっ昨日のことコガラシくんに謝ろうと・・・
でも男の子の部屋だし・・」


「ふむ、ならば一緒に入るか」

雲雀
「えっあの・・・!?」

瞬間移動空間に連れこみ朧と共に部屋の中へ。そこには

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-00-51

幽奈
「ふえ・・?」

フリーズする雲雀

幽奈
「はっ・・・!?なっなんで雲雀さんが・・・」

某リトさんのように寝ながらもみはじめるコガラシさん。結果いつものポルターガイスト目覚めの流れに

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-00-43

コガラシ
「んあ・・・?お~幽奈おはよ」

幽奈
「すみませんおはようございますぅぅぅ!!


「今朝は出遅れたか・・・」

雲雀
「ふ・・・ふふ・・そう・・そうなんだ、これが・・コガラシくんの日常・・・!!
・・うん、やっぱりこんなのおかしいよ・・・!」

雲雀「雲雀が・・!雲雀が絶対コガラシくんをまっとーな道に戻して見せるんだからぁぁー!」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-00-36

以下ゆらぎ荘の幽奈さん ネタバレ 39話 に続く



ゆらぎ荘の幽奈さん 39話 ネタバレ情報まとめ

・ 39話ネタバレ画バレはこちら

本日はハロウィン

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

ゆらぎ荘は飾り付けされハロウィン仕様になっており、
招かれたらしい兵藤、うらら、芹はそれぞれ仮装してゆらぎ荘を訪れる

うらら
「ここがゆらぎ荘か・・・!
はぁ~・・・飾りつけえらい凝っとるな~」

兵藤
「いいね~楽し気な雰囲気じゃ~ん?」


「ハメ外し過ぎんなよ兵藤!」

ゆらぎ荘に入ると

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

千紗希
「ハッピーハロウィン!」

うらら
「おじゃまするで~!」

兵藤
「うおお皆コス似合ってんな~!」

千紗希
「ありがと!あがってあがって!」

ゆらぎ荘

ゆらぎ荘ではこの日 こゆずのたっての希望によりハロウィンパーティが開催されていた

大広間へ移動し

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

幽奈
「いらっしゃいませ~!」

コガラシ
「よく来たな兵藤!浦方と柳沢も!」

うらら
「おお~コスといい料理といいみんな本格的や~ん!」

千紗希
「料理はあたしと仲居さんのお手製だよ!」

仲居
「おかげさまで洋食のレパートリーが増えました~」

芹かな
「流石だな~千紗希!」

兵藤
(すっ・・スゲー!可愛い子ばっかじゃねーか!!
冬空の野郎なんて桃源郷に住んでやがんだ・・!?
こんなもんハメ外すなってほうが無理だろー!?)

兵藤
「ほんと・・冬空の友達やっててよかったぜ・・・!」

コガラシ
「おまえのそういう素直な所キライじゃないぜ・・・兵藤!」


「ったく読んでくれりゃ手伝ったのに!」

うらら
「せやで!こんだけ飾りつけるんは大変やったろ~?」

幽奈
「いえ全然・・・こゆずさんが一瞬でやってくれましたので!」

兵藤
「一瞬で・・?」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

幽奈
「あそこの魔法少女の子が化け狸さんなんです~!」

兵藤
「化け狸!?」

幽奈
「兵藤さんたちは初対面でしたね」

コガラシ
「じゃあゆらぎ荘のメンツ紹介すっか!」

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

・ 39話ネタバレ画バレはこちら

ゆらぎ荘の幽奈さん ネタバレ一覧はこちら

 - ゆらぎ荘の幽奈さん